NEWS

ドイツ陸軍特殊部隊KSKが大量破壊兵器の拡散を防ぐ架空シナリオ訓練に参加

海外軍事 Comments(0)
ドイツ連邦軍(Bundeswehr)が、大量破壊兵器の拡散を防ぐことを想定した演習の模様を公開した。

「断固たる解決策(Resolute Solution)」と名付けられたこの演習には、陸軍特殊部隊のKSK(Kommando Spezialkräfte)が参加。特殊部隊コマンド隷下の実動部隊と、生物・化学・核・放射能兵器の対処に当たる「ABC防衛」による初の統合訓練だとしている。
訓練は、化学兵器工場と化した旧農薬生産施設をKSKメンバーが襲撃するという架空シナリオに基づきおこなわれている。

映像の前半部分では、視野の広いGPNVG(Ground Panoramic Night Vision Goggle)を装着したコンバットヘルメット、ガスマスク、アーマープレートキャリア、迷彩効果を高めたスプレー塗装済のG36ライフルといった装備が確認できる。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ポーランド国防省が60mm軽迫撃砲『LMP-2017』を取得。領土防衛軍の全軽歩兵中隊に配備へ
米陸軍が『eスポーツ』オンライン競技会への参戦を発表。「新兵募集活動」を目的に若者文化へ接近
中米エルサルバドルには自ら武装してギャングと戦う市長がいる
フェデラル・アミュニションが米海軍海上戦闘センター・クレーン局から『MK 318 Mod 0』弾・46.5億円を受注
NFLスタープレイヤーが「国家の英雄」とその家族を称えるためリーボック製スニーカーの発売を企画。全額を寄付へ
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ポーランド国防省が60mm軽迫撃砲『LMP-2017』を取得。領土防衛軍の全軽歩兵中隊に配備へ (2018-12-18 16:10)
 米陸軍が『eスポーツ』オンライン競技会への参戦を発表。「新兵募集活動」を目的に若者文化へ接近 (2018-12-18 14:03)
 中米エルサルバドルには自ら武装してギャングと戦う市長がいる (2018-12-17 17:18)
 フェデラル・アミュニションが米海軍海上戦闘センター・クレーン局から『MK 318 Mod 0』弾・46.5億円を受注 (2018-12-17 17:03)
 NFLスタープレイヤーが「国家の英雄」とその家族を称えるためリーボック製スニーカーの発売を企画。全額を寄付へ (2018-12-14 12:37)
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop