NEWS

ヘッケラー&コッホ社、サウジアラビア向け G36 部品の輸出承認を巡る行政訴訟でドイツ政府に勝利

海外軍事 Comments(0)

Image is for illustration purposes only.
ドイツ政府とヘッケラー&コッホ社 (H&K: Heckler & Koch GmbH) との間に広がる「わだかまり」の 1 つであった、サウジアラビア向け銃部品の輸出について、フランクフルトの行政裁判所は 23 日、「政府は輸出承認をするかどうか決定する必要がある」という判決を下した。ロイター通信が伝えた。

関連記事:
H&K が G36 自動小銃のサウジ向け輸出遅延で政府機関を相手に法廷闘争へ
2008 年当時のメルケル政権下では、サウジアラビアでの G36 製造に向けた輸出承認が下りていたが、2014 年半ばになって、ジグマール・ガブリエル (Sigmar Gabriel) 経済相が、「中東情勢の緊張」を背景として、武器輸出に対して慎重な姿勢をみせている。

その煽りを受けて、サウジアラビア向けに輸出するはずだった G36 アサルトライフルの組み立てに必要な 5 つの部品について、政府の承認が下りず、2 年以上の歳月を経過するに至っていた。


Photo: Military Industries Corporation (Saudi Arabia)
売上の多くを輸出に依存している H&K 社にとっては、こうした政府の輸出承認の方針転換が「死活問題にもなり兼ねない」として危機感を露わにし、2015 年 10 月に、経済省の下部組織である「連邦経済・輸出管理庁 (BAFA: Bundesamt fuer Wirtschaft und Ausfuhrkontrolle) 」を相手取って法廷闘争へと舵を切っていた。

今回の一報を受け、海外銃器関連ニュースサイトでは、「ドイツ政府を相手にした H&K 社の主要な勝利」として伝えている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop