NEWS

世界のボディーアーマー市場は 2026 年度までに 29 億ドル規模に成長

海外軍事 Comments(0)
世界のボディーアーマー市場は 2026 年度までに 29 億ドル規模に成長
U.S. Air Force Photo/Tech. Sgt. Jason W. Edwards
Image is for illustration purposes only.
世界のボディーアーマー、個人用防護装備のマーケット規模が、2016 年度 に 19 億ドル (=約 2,133 億円) を記録し、10 年後の 2026 年度までに年平均成長率 4.61% で伸び続け、29 億ドル (=約 3,257 億円) に成長するという新たなレポートが発表された。
この分野は、①ソフトアーマー、②ハードアーマー、③防護用ヘッドギア、④防護被服、⑤ブーツと 5 つのセグメントに分類できるが、中でも大きくシェアを伸ばすのが①ソフトアーマーと見られ、市場全体の 36.9% を占有するとみられている。

安全保障上の脅威や国内治安の悪化の中でおこなわれる近代化構想において、防衛・国防に従事するスタッフを抱える軍・警察関連といった組織や企業での、世界的な製品需要の高まりを受けていることが背景にある。

なお、ソフトアーマー市場は、欧州での調達計画に大きく支えられ、続いてアジア太平洋地域、北米、中東の順になると分析されている。

これらボディーアーマー分野における製品の課題としては、軽量化や隊員装備との統合化、導入予算の削減といった既存問題の他、各国でトレンドとなっている女性の軍務参加に伴う製品の開発といったことが掲げられている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲
被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに
ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否
米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達
米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中
米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲 (2019-07-19 17:06)
 被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに (2019-07-18 20:32)
 ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否 (2019-07-18 12:35)
 米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達 (2019-07-18 11:21)
 米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中 (2019-07-16 17:47)
 米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像 (2019-07-12 16:02)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop