NEWS

グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定

海外軍事 Comments(0)
グロック社がフィリピン国防省向けに生産した「Glock 17 Gen4」の出荷準備が整い、数週間後に輸出される予定だと、英ニュースサイト:Shephard Mediaが報じている。

グロック社は、2017年9月にフィリピン国防省と契約を交わしており、軍新制式ピストルに採用された「Glock 17 Gen4」×74,861挺と、同数の同社製ホルスター「Glock Safety Holster」を受注している。

関連記事:
グロック社がフィリピン国防省向け新制式ピストル「Glock17 Gen.4」×74,861挺を受注。同数のホルスターも
今回の契約金額は約3,000万ポンド(=約44億6,130万円)相当となり、グロック・アジア太平洋社(GLOCK Asia Pacific Limited)のスヴェン・デ・サウター社長は「フィリピンはグロック社にとって最も重要は取引先のひとつになった」と述べている。

フィリピンとグロック社の取引は、2010年に警察官のピストル不足(携帯率:全体の約50%)が問題となったことが切っ掛けとなっている。フィリピン国家警察(Philippine National Police)は問題を解消するためグロック社に「Glock 17 Gen4」×74,879挺を発注し、2013年から順次配備を進めた。そして、2017年にはフィリピン国家警察の新制式ピストルに「Glock 17 Gen4」を採用した。

関連記事:
第4世代グロック17が、地元企業・シグサワー社の提案を押しのけてフィリピン国家警察の新制式ピストルに採用

Source: Glock expects to begin deliveries to Philippines soon (video)

Text: 弓削島一樹 - FM201810

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出
米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き
ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出 (2018-11-20 16:57)
 米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き (2018-11-20 16:44)
 ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画 (2018-11-19 17:14)
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop