NEWS

月刊 Gun Professionals 2017 年 2 月号好評発売中

専門誌 Comments(0)

特集:日本警察拳銃 Part 2

Gun Professionals 2月号は、特集“日本警察拳銃 Part 2”をお届けします。

関連記事:
月刊 Gun Professionals 2015 年 9 月号好評発売中
前回の日本警察拳銃特集である2015年9月号では、S&W モデル37エアウェイト、360Jサクラ、ニューナンブM60、SIG P230JPといった一般的な警察拳銃を中心にお届けしましたが、2回目となる今月号では、SIG P226、H&K P2000、S&Wモデル3913といった日本警察のSAT、警備課、銃器対策課などの先鋭的な部門で採用されている拳銃を中心に詳細レポートをお届けしています。

他にも戦後に米国から供与された拳銃の考察や、元埼玉県警特殊部隊RATSの田村忠嗣氏インタビュー、映画などで使われる警察拳銃のプロップガンなど、いつものガンプロとはちょっと違った視点からのレポートが満載です。

ガンプロ2月号は12月27日発売、特別定価¥1,400(本体価格1,296円)です。

Gun Professionals 2017年2月号
1,296円+税



同じカテゴリー(専門誌)の記事画像
ミリタリーナレッジレポーツvol.22『スナイパーとして知っておくべきこと/Sniper The Basics』
ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」から25年。新たな証言を基に執筆された書籍が発売
元陸自一佐・化学防護隊長が描く近未来。漫画『日米中激突! 南沙戦争』
専門誌「月刊アームズマガジン」のWEBマガジンサイトがオープン
野田力著『フランス外人部隊 その実体と兵士たちの横顔』 9/8出版
ソ連時代の特殊部隊員が綴る「AK-47」解説書籍が発売
同じカテゴリー(専門誌)の記事
 ミリタリーナレッジレポーツvol.22『スナイパーとして知っておくべきこと/Sniper The Basics』 (2018-12-12 16:06)
 ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」から25年。新たな証言を基に執筆された書籍が発売 (2018-11-01 17:16)
 元陸自一佐・化学防護隊長が描く近未来。漫画『日米中激突! 南沙戦争』 (2018-09-14 14:45)
 専門誌「月刊アームズマガジン」のWEBマガジンサイトがオープン (2018-08-27 19:50)
 野田力著『フランス外人部隊 その実体と兵士たちの横顔』 9/8出版 (2018-08-27 19:13)
 ソ連時代の特殊部隊員が綴る「AK-47」解説書籍が発売 (2018-08-09 14:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop