スペイン領カナリア諸島の「HANGAR37」は欧州一を自負するサバゲーフィールド

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
アフリカ大陸の北西沿岸、大西洋に浮かぶ島に「欧州一」を自負するサバイバルゲーマー羨望のテーマ―パークが存在する。

Image from HANGAR37 official FaceBook
スペイン領カナリア諸島を構成する島の一つ、グラン・カナリア島は、およそ1,560平方キロメートル(=琵琶湖2.3個分)の面積を持っており、年間を通じても日中の気温が21度と非常に過ごし易い。

そして、この島の南東端に、エアソフトやペイントボールを使ったレクリエーション施設、つまりはサバイバルゲームに特化した単一テーマパーク「HANGAR37」が2014年8月にオープンしている。

HANGAR37の敷地面積は、13,200平方メートル(=約4,000坪)と、それほど広大なものではないものの、フィールド内に数多く点在している「うわもの」に、軍用の車輌や機体、造り込まれた建物が使われている点が最大の特徴と言える。


Image from HANGAR37 official FaceBook
フィールド内は、大ヒットしたミリタリーFPSゲーム、「コールオブデューティ」の戦闘シーンを、プレイヤー自らがまさに実体験するような感覚になりそうだ。

利用料金は、平日利用の場合、16歳以上の非居住者は25ユーロ(=約2,400円)。また土日利用の場合は30ユーロ(=約3,600円)となっている。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
人気のスズキ・ジムニーにGクラスとディフェンダーをイメージしたエアロパーツがリリース
Mafioso AirsoftがフルメタルのガスブローバックM1928A1トンプソンを開発中
多数の新製品が登場!『東京マルイフェスティバル』5thが開催
ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也
フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰
第88回『ビクトリーショー』が開催
 人気のスズキ・ジムニーにGクラスとディフェンダーをイメージしたエアロパーツがリリース (2018-11-21 12:42)
 Mafioso AirsoftがフルメタルのガスブローバックM1928A1トンプソンを開発中 (2018-11-19 14:14)
 多数の新製品が登場!『東京マルイフェスティバル』5thが開催 (2018-11-19 13:43)
 ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也 (2018-11-16 12:22)
 フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰 (2018-11-14 13:11)
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop