NEWS

「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に

海外軍事 Comments(0)

Screenshot from L3 Technologies and Harris Corporation
軍用無線通信・エレクトロニクス関連の開発を手掛ける米国の『ハリス社(Harris Corporation)』と『L3テクノロジーズ社』の合併が発表された。市場価値で34億ドル(=約3,800億円)におよぶ全米で6位、世界でも10位の規模を誇る巨大防衛請負業者の誕生となる。
新会社『L3ハリス・テクノロジーズ(L3 Harris Technologies)社』は、フロリダ州メルボルンに本社を置く48,000名の従業員から成る巨大軍需企業。世界100ヶ国に顧客を抱え、2018年度では160億ドル(=約1兆7,900億円)の純売上、税引き前利益で24億ドル(=約2,690億円)と19億ドル(=約2,130億円)の純現金収支を生み出すと見られる。

ドナルド・トランプ政権下における国防総省関連の巨額プロジェクトへの参加に対応するため、資金調達の急増が背景にあるとのこと。
合併に係る作業は、2019年半ばに終える見込み。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ陸軍が新型の一般気候向け戦闘用ブーツの実地試験を開始
様々な銃器を試射できるINDUSTRY DAYがSHOT SHOW 2019に先立って開催!
BE Meyersが米海兵隊に15億円相当のレーザーモジュールを納入へ
唇のケアから靴磨きまで何にでも使えるスウェーデンの軍用リップクリーム
光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』
米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ陸軍が新型の一般気候向け戦闘用ブーツの実地試験を開始 (2019-01-24 10:59)
 様々な銃器を試射できるINDUSTRY DAYがSHOT SHOW 2019に先立って開催! (2019-01-24 10:44)
 BE Meyersが米海兵隊に15億円相当のレーザーモジュールを納入へ (2019-01-21 19:03)
 唇のケアから靴磨きまで何にでも使えるスウェーデンの軍用リップクリーム (2019-01-18 12:40)
 光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』 (2019-01-17 11:21)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画 (2019-01-16 12:48)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop