NEWS

「ドイツ・G36自動小銃スキャンダル」H&K社が「欠陥は存在しない」と訴訟を提起

海外軍事 Comments(0)

Foto: Bundeswehr/ Twardy
Image is for illustration purposes only.
ドイツ軍の制式採用自動小銃G36のスキャンダルに関し、製造元のH&Kが「欠陥は存在しない」という旨を改めて確認する訴訟を、2016年6月3日、軍の兵站局があるコブレンツの裁判所に提起した。

スキャンダルは2012年、独シュピーゲル紙のスクープに端を発する。連射した後、加熱した状態ではG36自動小銃の命中精度が極端に落ちるという内容であった。

関連記事:
H&K 社の「G36」自動小銃の命中精度下落問題「弾薬ではなく自動小銃側に問題」と国防総省が結論

H&K社は否定するがその後Bild紙がこの現象を確認したとする軍の内部報告書の内容をスクープ、その後欠陥の有無についてだけでなく、スキャンダルにまつわる陰謀論などありとあらゆる噂が業界を駆けまわっている。調査の過程で、G36がメキシコに不法に輸出されていたことが明らかになりH&K社幹部が更迭されるなど、事態は単なるリコールにとどまらない勢いだ。

関連記事:
ヘッケラー&コッホ (H&K) 社の元従業員 6 名がメキシコへの銃器不正輸出で起訴
肝心の「欠陥」については未だ決定的な答が出ていない。G36が輸出されているヨーロッパ諸国では独自に検査を行い「これからも購入を続ける」と声明を出していたり、サウジ政府は調査にともなう輸出遅延でドイツ政府を訴えるなど、H&K社を応援するような動きも多く見られる。検事側も「(欠陥の有無はともかく)納入時に要求仕様を満たしていたのであるから、そのことに違法性はない」とH&K社を擁護するコメントを出している。

関連記事:
リトアニア国防省、軍における G36 アサルトライフルの調達継続を発表
H&K が G36 自動小銃のサウジ向け輸出遅延で政府機関を相手に法廷闘争へ

ドイツ国防大臣はG36自動小銃を廃止し、2019年までに新小銃を配備するとすでに発表している。国側の「次の1手」が注目されるところである。

Source: Heckler & Koch seeks court vindication over G36 accuracy | Germany | DW.COM | 03.06.2016

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201606
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア『5.45 DESIGN』の戦闘服をフランス「GIGN」、スペイン、ハンガリーなどNATO傘下の特殊用途部隊が購入
自爆ベストからチームメイトを救った米陸軍の兵士が最高位の『名誉勲章(MoH)』を受章
民間軍事会社「ブラックウォーター」の創業者が中国の後ろ盾の下『ミャンマー』で活動を開始
USSOCOM『先進狙撃銃(ASR)』にバレット『MRAD』が『Mark 21』に選定。親子デザイナーの米軍採用は史上初
『米陸軍レンジャーが1,900名のテロリストを殺害または捕縛』JSOC副司令官がメダル授与式で明かす
ドイツH&K社が民間向けオーダーの受け入れを無期限停止。各国の公用バックオーダーを優先に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア『5.45 DESIGN』の戦闘服をフランス「GIGN」、スペイン、ハンガリーなどNATO傘下の特殊用途部隊が購入 (2019-03-22 14:13)
 自爆ベストからチームメイトを救った米陸軍の兵士が最高位の『名誉勲章(MoH)』を受章 (2019-03-20 19:10)
 民間軍事会社「ブラックウォーター」の創業者が中国の後ろ盾の下『ミャンマー』で活動を開始 (2019-03-19 17:33)
 USSOCOM『先進狙撃銃(ASR)』にバレット『MRAD』が『Mark 21』に選定。親子デザイナーの米軍採用は史上初 (2019-03-14 12:59)
 『米陸軍レンジャーが1,900名のテロリストを殺害または捕縛』JSOC副司令官がメダル授与式で明かす (2019-03-13 12:09)
 ドイツH&K社が民間向けオーダーの受け入れを無期限停止。各国の公用バックオーダーを優先に (2019-03-12 13:57)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop