NEWS

HK社の販売拒否を背景に香港警察がMP5から「SIG MPX」へのリプレイスを検討

海外軍事 Comments(0)

Photo from Hong Kong Police
ドイツ銃器製造事業者「ヘッケラーアンドコッホ(H&K: Heckler & Koch)」による輸出規制の対象となった香港では、警察部隊で利用するサブマシンガンを現行のMP5からシグ・サワー(SIG Sauer)社製の新型短機関銃「SIG MPX」へリプレイスする計画にあるようだ。香港の中国語日刊紙「明報即時新聞」が特報として伝えている。

関連記事:
ドイツ銃器製造ヘッケラーアンドコッホ社が香港警察向け製品の輸出を禁止
既報の通り、HK社は独自の基準で輸出規制を設けている。そして香港は2014年に起きた「雨傘運動(雨傘の革命)」を機に、「民主的ではない」としてその規制対象に入ったとみられている。明報によると、警察当局筋は「SIG MPXとHKのMP5が全体的に類似していることから、MPXであれば部隊は特に大きな訓練内容の変更をせずに済む」と判断したことが明かされている。


Photo from SIG Sauer
This photo is for illustration purposes only.
2013年の米国ショットショーで初展示されたSIG MPXは、HKのMP5を明らかに意識していると言われている。①9x19mm NATO弾、②.357SIG弾、③.40S&W弾に対応するモジュラーウェポンであり、AR-15系統に慣れ親しんだ射手にとって、馴染みあるその形状と優れた操作性を持つ。

なお、香港警察がシグ製品を利用すのはこれが初めてでは無く、2006年に犯罪調査部門(CID: Criminal Investigation Department)向けでシグP250を購入、2009年には対テロ特殊部隊がSIG516 CQBアサルトライフルを調達している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop