2019年公開予定、香港発のSFアクション映画『明日戰記 Warriors of Future』

映画・テレビ Comments(0)
香港発の SF アクション映画『明日戰記 Warriors of Future』のメイキングシーンのみで構成されてたティザートレーラーが公開された。あらすじは明かされていないが、近未来の地球を舞台に人類とエイリアンの闘いが描かれるようだ。
本作は、2015 年 5 月に「矛盾戰爭 Virtus」というタイトルで制作発表が行われ、ジャッキー・チェン主演の「香港国際警察 / NEW POLICE STORY」などを手掛けたベニー・チャン監督がメガフォンをとり、同年末より撮影を開始する予定であったが延期となっていた。

その後、約 2 年の準備期間を経て『明日戰記 Warriors of Future』にタイトルを変更し 2017 年 2 月 12 日より撮影が開始された。また、監督も変更され、香港アカデミー賞や台湾金馬奨で最優秀視覚効果賞を受賞した視覚効果アーティスト:ン・ユェンファイ(Ng Yuen-fai:吳炫輝)の監督デビュー作となる。


明日戰記 Warriors of Future official poster

※パワードアーマーを着用した主演のルイス・クー。アーマーの総重量は15キロほどあり、着脱は4人掛かりで行う。

出演は、2013 年から 3 年連続で“香港で最も稼いだ俳優”に選出されたルイス・クー(古天樂)と、香港アカデミー賞最優秀主演男優賞を 2 度受賞している香港の名優ラウ・チンワン(劉青雲)。ルイス・クーが 2013 年設立した映画制作会社:ワン・クール・フィルム・プロダクション(One Cool Film Production)が制作を行う。

蘋果日報などの地元メディアによると、“アジアにこのようなSF映画は今まで無かった。この作品を切っ掛けに、香港でも大規模なSF映画が作れること証明したい”とルイス・クーが作品完成に向けて意気込みを語ったとのこと。総製作費は 4,500 万ドル(約 50 億円)で、公開は 2019 年に予定している。

関連動画:「矛盾戰爭 Virtus」Official Teaser

Text: 弓削島一樹 - FM201703

同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
『モガディシュの戦闘』から25年、BRCCが元デルタ隊員カイル・ラム氏の回想映像を公開
米軍最高位軍事勲章「名誉勲章」を題材としたNetflix TVシリーズ『Medal of Honor』
吹替版映画「コマンドー」製作の30周年を記念した、世界初の吹替版上映イベントが開催
ドキュメンタリー映画『Black Hawk Down: The Untold Story』のトレーラーが公開
ニュージーランド・ヘラルド紙が陸軍特殊部隊『NZSAS』の特集コンテンツを公開
WWEレスラー出演、映画「ネバー・サレンダー」シリーズ第6弾『The Marine 6: Close Quarters』
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 『モガディシュの戦闘』から25年、BRCCが元デルタ隊員カイル・ラム氏の回想映像を公開 (2018-10-12 12:07)
 米軍最高位軍事勲章「名誉勲章」を題材としたNetflix TVシリーズ『Medal of Honor』 (2018-10-09 11:57)
 吹替版映画「コマンドー」製作の30周年を記念した、世界初の吹替版上映イベントが開催 (2018-10-04 20:34)
 ドキュメンタリー映画『Black Hawk Down: The Untold Story』のトレーラーが公開 (2018-09-28 18:56)
 ニュージーランド・ヘラルド紙が陸軍特殊部隊『NZSAS』の特集コンテンツを公開 (2018-09-27 20:23)
 WWEレスラー出演、映画「ネバー・サレンダー」シリーズ第6弾『The Marine 6: Close Quarters』 (2018-09-25 16:03)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop