NEWS

スナイパーとモンキーによる連携で素早くターゲットを排除。イスラエル軍の精鋭カウンターテロ部隊が訓練展示

海外軍事 Comments(0)
イスラエルの訓練・コンサルティング企業である「イスラエリ・タクティカル・スクール(ITS: Israeli Tactical School)」が、同国防軍でカウンターテロ作戦に従事する精鋭隊員らによる訓練展示の様子を公開した。
訓練は同国中部、モディイン近郊のミトカン・アダム陸軍基地(Mitkan Adam Army Base)内にあるカウンターテロを専門とした訓練施設内でおこなわれており、スナイパーによる狙撃を合図に、「モンキー(monkey)」と呼ばれるロープ降下急襲部隊との連携要領の確認がおこなわれている。スナイパーとモンキーの連携においては、リアルタイムで指示が転送されているとのことで、この際の正確且つ円滑な連携が作戦成功のカギを握っている。

関連記事:
イスラエル SWAT による 6 秒の急襲作戦

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop