NEWS

イスラエル国防軍が迷彩パターンの新型戦闘服の導入を検討中

海外軍事 Comments(0)

Photo from Agilite Tactical
イスラエル国防軍といえば、偽装用ヘルメットカバー「ミツネフェット」とオリーブドラブ一色の戦闘服がトレードマークである。しかし新型の戦闘服ではとうとう迷彩パターンが導入されるとイスラエルのタクティカルギアメーカー、Agilite Tactical が報じている。

関連記事:
イスラエル軍特殊部隊が新型戦闘服を受領
従来のイスラエル国防軍の戦闘服。

Photo from IDF Flickr page

現在、新型のシャツ3種、パンツ1種が開発されており、それぞれに2パターンの迷彩パターンが検討されているという。素材の詳細は不明だが通気性の高い高機能繊維が用いられるようだ。


Photo from Agilite Tactical
なお、関係者によればMultiCamパターンも検討されたものの、イスラエルの国土に合わないとして却下されたという。空挺の基礎訓練過程、男女混合のバルデラス大隊、情報部隊である8200部隊、空軍の一部部隊などでテストされており、この結果を持って全軍に支給される。

Source: Breaking News-The IDF's new Camouflage Uniforms - Agilite

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201807
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
 米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始 (2018-11-08 19:26)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop