NEWS

イスラエルIMI社 7.62mm弾並の性能を持つ新型徹甲弾「5.56APM」を公開

海外軍事 Comments(0)
イスラエルのIMI社が、5.56×45mmの新型徹甲弾「5.56APM」を発売する。アメリカ海兵隊がM855 5.56mm弾の代替を求めていた際に開発されたものだが、現在イスラエル国防軍(IDF)が採用に向けて試験を行なっている。
73グレインのFMJ-BT(Full Metal Jacket - Boat Tailed)弾頭は発射ガスの流れを効率よく受け止めるよう後部が絞られたボートテール形状となっており、従来の5.56mm弾を超えるのはもちろん、1クラス上の7.62mm弾と互角の性能をもつという。

米軍のM80 7.62mm弾と比較した場合、射程550メートルでは5.56APMのほうが30%高精度で、貫通力においてもM80では550メートルでなければ貫通できなかったNATO基準の3.5mm防弾プレートを800メートルで貫通できる。これによって5.56mm口径の軽機関銃でも、7.62mm口径のものと同等の火力を得ることができる。兵士の負担を軽減できるのに加え、兵站の負担も低くなる。

また徹甲弾は希少な材料や複雑な加工から価格が高騰しがちであるが、IMIによれば他の徹甲弾よりも安価になるという。

参考:アメリカ陸軍の新7.62mm徹甲弾「XM1158 ADVAP」は『タングステン弾芯』であることが明らかに - ミリブロNews

Source: IMI Systems Introduces New Round: 5.56 APM | Israel Defense

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201803
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop