NEWS

「国営造兵工廠(OFB)のアサルトライフルは欠陥が多過ぎる」インド陸軍が提案を却下

海外軍事 Comments(0)
インド陸軍は、AK-47とINSAS(Indian National Small Arms System)からのリプレイスを狙った国営造兵工廠(OFB: Ordnance Factory Board)による国産ライフルの製造を、「品質面での問題がある」ことを理由に拒否した。6月中旬に実施されたテストの中で、OFBが提出したライフルは、軍の要求する基準を満たさなかったことが原因として挙げられている。

関連記事:
インド陸軍が次世代アサルトライフル取得計画を再起動
この件に詳しい陸軍の情報筋によると、過度なリコイル衝撃、発砲時の光と音が大き過ぎるとのことが指摘されている。また、ライフルへの弾倉取り換えを容易とするためには、弾倉自体のデザインを根本から見直す必要があるとの声も挙がっている。加えて、安全機構にも問題があるとされ、最大許容基準の実に20倍以上もの不具合を発生させていたことも明かされている。

これら多くの欠陥が発覚したことで、おいそれと兵士の生命が掛かった戦闘環境下に投入できるシロモノではないとして、判断が下されたようだ。

陸軍は昨年、現行5.56㎜ INSASに替わる唯一の選択肢として考えられていた、「エクスキャリバー(Excalibur)」なる国産ライフルを、「我が軍の火力要求に応えるものではない」として一刀両断に処した経緯が伝えられている。そのため、陸軍としては2年連続で国産ライフルを「使い物にならない」と唾棄したことになる。

一方でOFB側は陸軍の批判に対して、「我々の手掛けた国産ライフルは完璧な機能を果たした」「発砲時のリコイルについては快適なレベルにまで落ち着かせている」と真っ向から食い違う見解を述べ、逆に陸軍を非難。イチャプールの製造工場ではトライアル用に改良版10挺を製造したと述べている。

本件を詳報している国内メディアのNDTVによると、陸軍では185,000挺のアサルトライフルを必要とするため、その契約総額は185億ルピー(=約322億円)に上るとのこと。ただでさえも計画に相当な遅れを出しているが、陸軍の仕様要求を満たすことが出来なければ、海外製の購入や製造といった選択肢が残るが、そこからも更に時間の掛かる作業が待っているようだ。

関連記事:
インド陸軍、カービン選定の最終トライアルを開始。ARX-160、Colt M4、IWI Galil Ace が候補

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop