NEWS

インド陸軍が国境警備の兵士に向けてドラグノフ狙撃銃に替わる新たなスナイパーライフルの取得を計画

海外軍事 Comments(0)

Photo: via Indian Army official FaceBook
Image is for illustration purposes only.
インド陸軍が、国境を守る兵士の為に、現行のドラグノフ (Dragunov) 狙撃銃に替わる新たなスナイパーライフルの取得を目指して、国内外のメーカーに向けた情報依頼書を発出している。

関連記事:
インド陸軍が次世代アサルトライフル取得計画を再起動
情報依頼書によると、現行の 7.62mm の弾薬から、より強力なストッピングパワーを持ち、トレンドとなっている .338 ラプアなど 8.6mm の弾薬を使うスナイパーライフルであることが掲げられており、1,200 メートル先のマンターゲットを精確に撃ち抜き、倒すことが求められている。

中国やパキスタンなどとの間で、国境付近における火種を抱えていることが背景にある。

射程距離の拡張は、国境警備にあたる兵士にとっては死活問題であるという考えから出てきており、有効射程距離 800 メートルと言われているドラグノフの約 1.5 倍が希求されていることが最大の特徴。

今回の陸軍による情報依頼書の発出は、調達における第一段階のものとなり、入札は来年 6 月までに発行される可能性が高いという。

陸軍は、新たなスナイパーライフル 5,000 挺の取得を計画している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ陸軍が新型の一般気候向け戦闘用ブーツの実地試験を開始
様々な銃器を試射できるINDUSTRY DAYがSHOT SHOW 2019に先立って開催!
BE Meyersが米海兵隊に15億円相当のレーザーモジュールを納入へ
唇のケアから靴磨きまで何にでも使えるスウェーデンの軍用リップクリーム
光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』
米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ陸軍が新型の一般気候向け戦闘用ブーツの実地試験を開始 (2019-01-24 10:59)
 様々な銃器を試射できるINDUSTRY DAYがSHOT SHOW 2019に先立って開催! (2019-01-24 10:44)
 BE Meyersが米海兵隊に15億円相当のレーザーモジュールを納入へ (2019-01-21 19:03)
 唇のケアから靴磨きまで何にでも使えるスウェーデンの軍用リップクリーム (2019-01-18 12:40)
 光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』 (2019-01-17 11:21)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画 (2019-01-16 12:48)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop