NEWS

インド陸軍が米国SiG Sauer製アサルトライフル『SIG716』の第一陣×10,000挺を受領

海外軍事 Comments(0)
インド陸軍が米国SiG Sauer製アサルトライフル『SIG716』の第一陣×10,000挺を受領
インド陸軍は11日、米国SIG製アサルトライフル『SIG716』の第一陣×10,000挺を受領した。

関連記事:
インド陸軍が米国製小銃を取得予定。シタラマン国防大臣がSIG Sauer製品×73,000挺の調達を承認
隣国パキスタンとの間でカシミール地方における火種を抱えるインドは、5.56×45mm国産小銃「INSAS(INdian Small Arms System)」からの切り替えを図る目的で、より強力な7.62x51mm弾薬を使用するSIG製品を選定。

米国との優先手続き(FTP: Fast Track Procedure)の下、SIG716×72,000挺、70億ルピー(約108億円)の購入契約に署名しており、①陸軍に66,000挺、②海軍に2,000挺、③空軍に4,000挺の内訳で配備を計画している。

陸軍にはまた、ロシア・カラシニコフ社との合弁企業により生産される「AK-203」×70万挺からの引き当ても予定されている。

関連記事:
インド・ロシア共同事業『AK-203』製造トップに、インド陸軍少将がCEO就任へ。INSASリプレイスを加速

陸海空の三軍では、小銃・軽機関銃といった個人携行火器の近代化に向けて、1,200億ルピー(約1,892億円)の予算計上が見込まれている。

Source: Indian Army received first batch American assault rifles for operations in Jammu and Kashmir

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
スマホの「自分撮り」画像が原因で部隊が全滅……米海兵隊の対抗演習
寒くても手袋不要、米陸軍の新装具「アームヒーター」で手先作業も楽々。一般販売も視野に
米CIAが極秘裏に作り上げた「暗殺用毒ダーツ銃」
フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用
アメリカ空軍の研究者が伸縮しても導電性の変化しない特殊な金属素材を発見
フランスが軍用拳銃『Glock17』×74,596挺を発注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 スマホの「自分撮り」画像が原因で部隊が全滅……米海兵隊の対抗演習 (2020-01-17 17:52)
 寒くても手袋不要、米陸軍の新装具「アームヒーター」で手先作業も楽々。一般販売も視野に (2020-01-16 16:03)
 米CIAが極秘裏に作り上げた「暗殺用毒ダーツ銃」 (2020-01-15 12:20)
 フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用 (2020-01-14 17:26)
 アメリカ空軍の研究者が伸縮しても導電性の変化しない特殊な金属素材を発見 (2020-01-09 14:14)
 フランスが軍用拳銃『Glock17』×74,596挺を発注 (2020-01-07 20:50)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop