陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か

海外軍事 国内軍事関連 Comments(0)
米フロリダ州タンパで、21日から24日を会期として『特殊作戦部隊産業会議(SOFIC: Special Operations Forces Industry Conference)2018』が開催。恒例のベイエリアを舞台に、「国際特殊作戦部隊能力展示(International Special Operations Forces Capabilities Demonstration)」がおこなわれた。
陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
Screenshot from DefenseWebTV YouTube channel
現地入りした大手軍事ニュースサイト「ディフェンスウェブ」が撮影した映像の冒頭20秒付近に、陸上自衛隊『特殊作戦群(SFGp: Special Forces Group)』の徽章付きベレー帽を被った人物が映り込んでいた。

陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
Photo from Japan Ground Self-Defense Force
陸上自衛隊では今年3月末付けで新制服の運用を始めているが、その「略帽」と色味こそ同じながらも、貼り付けられた徽章は一般的な「桜」のデザインではなく、日の丸と剣、鳶、榊を組み合わせた「特殊作戦徽章」となっている。

また中央左奥にも同じく陸自迷彩を着用した人物が確認でき、ほんの僅かではあるが空挺と幹部レンジャー徽章が映り込んでいる。加えて右奥には韓国海軍特殊部隊「UDT/SEAL」の徽章を付けた人物が視察する様子も確認できる。

以上のことからも、陸上自衛隊の特殊作戦群本部・第3科(作戦・運用系)の幹部が研修と交流を兼ねて視察に行ったことが推察される。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中
米軍の次世代分隊火器向け電子補正式照準器はAIによる顔認識技術で敵味方を識別する
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
 米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中 (2019-08-05 19:15)
 米軍の次世代分隊火器向け電子補正式照準器はAIによる顔認識技術で敵味方を識別する (2019-08-02 18:17)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop