オーストラリア陸軍主催の国際射撃競技会『AASAM』スナイパー競技部門で陸上自衛隊チームが優勝

海外軍事 国内軍事関連 Comments(0)
オーストラリア陸軍主催の国際射撃競技会『AASAM』スナイパー競技部門で陸上自衛隊チームが優勝
Photo from AASAM official FaceBook
オーストラリア陸軍主催による年次国際射撃競技会『AASAM(Australian Army Skill at Arms Meet)』の「狙撃(スナイパー)部門(International Sniper Aggregate)」において、陸上自衛隊チームが優勝した。2位にインドネシア、3位にニュージーランドが続いている。

ビクトリア州パッカパンニャル訓練場を舞台とし、毎年この時期におこなわれるAASAM。今年は4月17日から開幕し5月10日までの間、各国の陸軍種を代表としたチームが熱戦を繰り広げている。
参加18ヶ国の中から狙撃部門で優勝したのは、村越2曹(向かって左)・渡邉3曹(同右)のコンビ。公式写真からは少し分かり難いが、両名の迷彩服には共に上から「スキー徽章(部隊指導官)」「冬季遊撃徽章」「レンジャー徽章」らしき精鋭に相応しい徽章が付けられている。

陸上自衛隊は今開催で7年連続の参加となり、スナイパー競技での参加は5年連続。AASAMスナイパー部門は、もはやお家芸とも言え、昨年は準優勝、一昨年は優勝を飾っている。

関連記事:
豪陸軍主催の年次国際射撃競技会「AASAM 2017」のスナイパー部門で陸上自衛隊のチームが準優勝
オーストラリア陸軍主催の国際射撃競技会 (AASAM) のスナイパー競技で陸上自衛隊チームが優勝

参加各国の陸軍種から選りすぐりの兵士が集結するAASAMでは、「現在実際に運用されている小銃、機関銃、拳銃及び狙撃銃」を使って、個人・ユニットレベルでの射撃練度が競われる。陸上自衛隊にとってAASAMは、現在のところ唯一の国際競技会での参加機会となっている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop