豪陸軍主催の年次国際射撃競技会「AASAM 2017」のスナイパー部門で陸上自衛隊のチームが準優勝

国内軍事関連 Comments(0)
豪陸軍主催の年次国際射撃競技会「AASAM 2017」のスナイパー部門で陸上自衛隊のチームが準優勝
Photo from AASAM
オーストラリア・ビクトリア州パッカパンニャル訓練場で、5月5日から26日を会期として年次国際射撃競技会「アーサム(AASAM: Australian Army Skill at Arms Meeting)2017」が開催され、陸上自衛隊の伊藤2曹、繁田2曹のコンビが、12ヶ国・23個チームが参加する中、スナイパー競技部門において総合2位を獲得した。伊藤2曹の胸には、普通科教導連隊を意味する「ISR(Infantry School Regiment)」のパッチが確認できる。

関連記事:
オーストラリア陸軍主催の国際射撃競技会 (AASAM) のスナイパー競技で陸上自衛隊チームが優勝
毎年この時期におこなわれるオーストラリア陸軍主催のAASAMは、戦術技量の向上を図り、参加各国との信頼関係の強化を掲げており、今年は世界18ヶ国から200名におよぶ陸軍種のトップ兵士が集結。現在実際に運用されている小銃、機関銃、拳銃及び狙撃銃を使って、個人・ユニットレベルでの射撃練度が競われた。

陸上自衛隊は今開催で6年連続の参加となり、スナイパー競技での参加は今開催で4年連続となる。

豪陸軍主催の年次国際射撃競技会「AASAM 2017」のスナイパー部門で陸上自衛隊のチームが準優勝
Photo from AASAM
AASAM 2017で競技に取り組む陸上自衛隊チーム。こちらの写真では、胸部を巻いているゴムバンドの様なものが確認できる。これは、アーマーのショルダーストラップが広がり過ぎて、正面を構える際に邪魔にならないよう工夫しているものと思われる。

参加国別で紹介された陸上自衛隊のトレーラー。89式小銃に搭載されているスコープは、純国産であるOTS製のCQBコンバットスコープ(CQB1-6x24M)と思われる。また、ムービーングターゲットをCクランプ・グリップで狙い撃つ隊員の射撃フォームが印象的。

2015年1月、米カリフォルニア州キャンプペンデルトン海兵隊基地でおこなわれた日米による二国間実動訓練「アイアンフィスト(鉄拳, Iron Fist)」の映像に、米海兵隊からインタビューを受ける伊藤2曹の姿があった。映像では西部方面普通科連隊(WAiR: JGSDF Western Army Infantry Regiment)の前哨狙撃兵(スカウトスナイパー)として紹介されている。


同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
防衛省が陸上自衛隊向け新小銃・拳銃の選定理由等を公表
陸上自衛隊の新小銃に豊和工業製『HOWA5.56』、新拳銃にH&K製『SFP9』が選定
『ニコン(Nikon)』が「ライフルスコープ」事業を終了
並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行
『子供達を護る』田村装備開発がクラウドファンディングで危機管理対策プロジェクトを始動
住友重工がマルチキャリバー軽機関銃の特許を出願
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 防衛省が陸上自衛隊向け新小銃・拳銃の選定理由等を公表 (2019-12-26 20:14)
 陸上自衛隊の新小銃に豊和工業製『HOWA5.56』、新拳銃にH&K製『SFP9』が選定 (2019-12-09 12:35)
 『ニコン(Nikon)』が「ライフルスコープ」事業を終了 (2019-11-20 15:36)
 並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行 (2019-11-06 17:37)
 『子供達を護る』田村装備開発がクラウドファンディングで危機管理対策プロジェクトを始動 (2019-10-30 17:41)
 住友重工がマルチキャリバー軽機関銃の特許を出願 (2019-10-25 12:04)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop