陸上自衛隊が国際射撃競技会のチーム部門で総合2位。種目別では優勝・準優勝の好成績を獲得

国内軍事関連 Comments(0)
陸上自衛隊が国際射撃競技会のチーム部門で総合2位。種目別では優勝・準優勝の好成績を獲得
Photo from Australian Army Skill at Arms Meeting (AASAM)
陸幕広報室は2日、オーストラリア・ビクトリア州パッカパンニャル訓練場で、5月13日~26日に掛けておこなわれた国際射撃競技会「アーサム(AASAM: Australian Army Skill at Arms Meeting)2017」の成果を発表した。

陸上自衛隊は、富士学校、各方面隊、中央即応集団等から約20名を派遣しており、狙撃部門、チーム部門での競技に参加している。

狙撃部門で総合2位を獲得したことは既報の通り。

関連記事:
豪陸軍主催の年次国際射撃競技会「AASAM 2017」のスナイパー部門で陸上自衛隊のチームが準優勝

※狙撃部門 総合2位の記事中にあった参加チーム数に誤りがありました。「参加国数=参加チーム数」として記載したことが原因となります。訂正しお詫び申し上げます。
陸上自衛隊が国際射撃競技会のチーム部門で総合2位。種目別では優勝・準優勝の好成績を獲得
Photo from Australian Army Skill at Arms Meeting (AASAM)

陸上自衛隊が国際射撃競技会のチーム部門で総合2位。種目別では優勝・準優勝の好成績を獲得
Photo from Australian Army Skill at Arms Meeting (AASAM)

陸上自衛隊が国際射撃競技会のチーム部門で総合2位。種目別では優勝・準優勝の好成績を獲得
Photo from Australian Army Skill at Arms Meeting (AASAM)
一方のチーム部門については、18ヶ国・20チーム中で総合2位を収めており、種目別順位では、小銃種目 第2位、拳銃種目 第2位、機関銃種目 第1位、組・分隊種目 第1位とし、いずれの種目でも好成績を収めていたことが示されている。

AASAM 2017における陸上自衛隊の成果
■狙撃部門
 総合2位(12ヶ国、23チーム中)
■チーム部門
 総合2位(18ヶ国、20チーム中)
・小銃種目 第2位
・拳銃種目 第2位
・機関銃種目 第1位、
・組・分隊種目 第1位

世界的に見れば、軍主催による国際競技会が毎年多く開催されているが、陸上自衛隊にとってAASAMは「射撃」を極める中でも最高峰に近い位置付けとされる。その為、より良い訓練環境が提供されてきたこともあって、個人技能の向上は目まぐるしく、しっかりと成績に結び付けてきたと言えそうだ。

同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
防衛省が陸上自衛隊向け新小銃・拳銃の選定理由等を公表
陸上自衛隊の新小銃に豊和工業製『HOWA5.56』、新拳銃にH&K製『SFP9』が選定
『ニコン(Nikon)』が「ライフルスコープ」事業を終了
並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行
『子供達を護る』田村装備開発がクラウドファンディングで危機管理対策プロジェクトを始動
住友重工がマルチキャリバー軽機関銃の特許を出願
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 防衛省が陸上自衛隊向け新小銃・拳銃の選定理由等を公表 (2019-12-26 20:14)
 陸上自衛隊の新小銃に豊和工業製『HOWA5.56』、新拳銃にH&K製『SFP9』が選定 (2019-12-09 12:35)
 『ニコン(Nikon)』が「ライフルスコープ」事業を終了 (2019-11-20 15:36)
 並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行 (2019-11-06 17:37)
 『子供達を護る』田村装備開発がクラウドファンディングで危機管理対策プロジェクトを始動 (2019-10-30 17:41)
 住友重工がマルチキャリバー軽機関銃の特許を出願 (2019-10-25 12:04)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop