NEWS

ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮

海外軍事 Comments(0)

Photo: Sgt. 1st Class Whitney Hughes/Army
映画「ブラックホーク・ダウン(Black Hawk Down)」で有名な「モガディシュの戦闘(Battle of Mogadishu)」に参加した米陸軍特殊部隊「デルタフォース」の元指揮官が、このほど「アフガニスタン駐留米軍(USFOR-A: U.S. Forces Afghanistan)」の次期司令官に任命されることが分かった。日刊経済紙「ウォールストリートジャーナル」が22日付けで報じている。
新たに指揮を執るのは、陸軍のスコット・ミラー(Scott Miller)中将(57歳)。現在、ミラー中将は米軍きっての秘匿な作戦を抱えている「統合特殊作戦司令部(JSOC: Joint Special Operations Command)」のトップを務めている人物。

関連記事:
米軍「統合特殊作戦司令部(JSOC)」の新司令官に史上初の空軍出身者が就任へ。秘匿部隊『AVTEG』を率いた経歴も

1983年にウェストポイントの陸軍士官学校を卒業。1993年10月3日、当時大尉だったミラー氏は、ソマリアの首都モガディシュを舞台とする戦闘に参加。映画「ブラックホークダウン」にも描かれたこの戦いでミラー大尉は、2機のブラックホークに分乗した第二陣のデルタフォース襲撃チームを導いている。
また、2001年の「9.11同時多発テロ」では、アフガニスタンに踏み込んだ先遣隊の内の1人でもある。

これまでの軍歴の中で、殊勲章(DSM: Distinguished Service Medal)、防衛功労章(Defense Superior Service Medal)、勲功章(Legion of Merit)、戦闘功労付き青銅製章(Bronze Star with combat 'V' device)、名誉戦傷章(Purple Heart)が贈られている。

上院の承認を経て近く正式に就任する見込み。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難 (2018-12-06 12:11)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop