NEWS

軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』

海外軍事 Comments(0)

Photo from K9 Helm
米フロリダ州タンパで開催中(5/21 - 24)の『特殊作戦部隊産業会議(SOFIC: Special Operations Forces Industry Conference)2018』の会場に、斬新なデザインが光る軍用犬(K9)用タクティカル・ヘルメットが展示された。
『K9』とは、「イヌ」を意味する英単語「canine(ケイナイン)」を語源としている。

Photo from K9 Helm
カリフォルニア州マーティネズの「K9 Helm」が手掛ける『Trident K9 Tactical Helmet』は、フェイスマスクのようにイヌの眼の周辺から頭部に掛けて覆うもので、周辺視野の確保をおこないながらも、ANSI規格準拠・UV400紫外線カットレンズによる眼球の保護と、頭頂部のレイル搭載によりMOHOCなどの小型アクションカメラやフラッシュライトの搭載を可能とする拡張性がウリとなっている。

関連記事:
世界初の軍用エリート オペレーター向けに特化させたアクションカメラ、RAPID「Mohoc」ローンチ


Photo from K9 Helm
Optional Cerakote finish
頭部を覆うシングルピース構造のメインシェルは、耐久性の高いナイロン素材を使って3Dプリンターによって出力。また特徴的なそのデザインは、解剖学的な見地からイヌの頭部構造に配慮し動きを阻害しないよう設計されている。採寸にはコンピューターを使用せず、職人の手によりデザインを起こしているとのこと。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop