KRYTAC OWNER’S MEETING vol.02(クライタックオーナーズミーティング)

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 イベント開催情報 レポート Comments(0)
KRYTAC OWNER’S MEETING vol.02(クライタックオーナーズミーティング)
KRYTAC(クライタック)といえば、もうすっかりおなじみとなったエアガンブランド。
実銃メーカーであるKRISSグループに属し、LVOAやオリジナルARのみならず、KRISS VECTORなど個性的なモデルをラインナップしています。

そんなクライタックのオーナーだけが参加できるのが、国内総代理店を務めるLayLaxが開催する「KRYTAC OWNER’S MEETING 」。今年1月に開催された第1回に引き続き、第2回が2017年11月4日(土)・5日(日)と2日間に渡って開催されました。ここではその1日目の様子を紹介します。

KRYTAC製品取り扱い日本公式ホームページ
http://www.krytac.jp/
KRYTAC OWNER’S MEETING vol.02(クライタックオーナーズミーティング)
定員いっぱい200名の参加者で和やかにイベントが開始。

KRYTAC OWNER’S MEETING vol.02(クライタックオーナーズミーティング)
「Supported by ALPHA INDUSTRIES」の通り会場に華を添えてくれたアルファガールズとKRYTACガールズ。

KRYTAC OWNER’S MEETING vol.02(クライタックオーナーズミーティング)
KRISS社よりのゲストはティム氏とアレン氏。
そして彼らがオミヤゲで持ってきたものはこれ。
KRYTAC OWNER’S MEETING vol.02(クライタックオーナーズミーティング)
「KRYTAC TR47」。
SR47(AKマガジンが使えるAR)を現代的にアレンジしたモデルで日本限定品となる模様。
発売はもうちょっと先になるそうです。

主催のLayLaxのブースにはこんなモデルが。
KRYTAC OWNER’S MEETING vol.02(クライタックオーナーズミーティング)
KRISS VECTOR用のストライクフェイス。
3Dプリンタによる試作品ですがVECTORのシルエットがより個性的になります。
リリースは来年以降とのこと。

当日のゲームは参加者を4チームに分け、総当りだけでなく趣向を凝らしたさまざまなゲームが催されました。
KRYTAC OWNER’S MEETING vol.02(クライタックオーナーズミーティング)
セーフティエリアでも多数のショップやケータリングなどが。
KRYTAC OWNER’S MEETING vol.02(クライタックオーナーズミーティング)

KRYTAC OWNER’S MEETING vol.02(クライタックオーナーズミーティング)

KRYTAC OWNER’S MEETING vol.02(クライタックオーナーズミーティング)

KRYTAC OWNER’S MEETING vol.02(クライタックオーナーズミーティング)

KRYTAC OWNER’S MEETING vol.02(クライタックオーナーズミーティング)

KRYTAC OWNER’S MEETING vol.02(クライタックオーナーズミーティング)

KRYTAC OWNER’S MEETING vol.02(クライタックオーナーズミーティング)

KRYTAC OWNER’S MEETING vol.02(クライタックオーナーズミーティング)

KRYTAC OWNER’S MEETING vol.02(クライタックオーナーズミーティング)

KRYTAC OWNER’S MEETING vol.02(クライタックオーナーズミーティング)

KRYTAC OWNER’S MEETING vol.02(クライタックオーナーズミーティング)

KRYTAC OWNER’S MEETING vol.02(クライタックオーナーズミーティング)

ラストの閉会式は雨によって高速ジャンケン大会となりましたが、それでも多くのアイテム、特に各ショップのチューンナップ済みKRYTAC電動ガンが多数提供されました。
KRYTAC OWNER’S MEETING vol.02(クライタックオーナーズミーティング)
特定モデルを対象としたオーナーズミーティングはこのサバゲー業界では非常に珍しいもの。
第1回に引き続き今回も大盛況だったため、今後もKRYTACファンの交流の場として続いて欲しいですね。

その他、当日の模様は下記ミリブロ公式 FaceBook ギャラリーにて大量の写真を公開しています。
合わせてぜひご覧下さい。

Text & Photo: 乾宗一郎

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
「SIG P320ピストルが暴発し重症を負った」男性が1,000万ドル(約10.8億円)の慰謝料を求めて裁判
「SIG P320 / M17」ピストル専用に設計、拡張性を高めた新型コンバージョンキット『FLUX MP17』
「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る
韓国エアソフトメーカー「GBLS」が2020年新モデル『AKシリーズ』を発表
Strike Industries製グロック19用の軽量カスタムスライド「ARK」が新発売
頭部をクールダウン。SRUがサバゲー向けアイデア商品『エアフローシステム』を開発中
 「SIG P320ピストルが暴発し重症を負った」男性が1,000万ドル(約10.8億円)の慰謝料を求めて裁判 (2019-09-18 16:17)
 「SIG P320 / M17」ピストル専用に設計、拡張性を高めた新型コンバージョンキット『FLUX MP17』 (2019-09-12 18:11)
 「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る (2019-09-11 11:28)
 韓国エアソフトメーカー「GBLS」が2020年新モデル『AKシリーズ』を発表 (2019-09-09 19:15)
 Strike Industries製グロック19用の軽量カスタムスライド「ARK」が新発売 (2019-09-05 15:41)
 頭部をクールダウン。SRUがサバゲー向けアイデア商品『エアフローシステム』を開発中 (2019-08-29 13:28)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop