NEWS

ロシアのRPD軽機関銃は一体何発の連射に耐えられるのか?カラシニコフ社が実験動画を公開

海外軍事 Comments(0)
ロシアのRPD軽機関銃は一体何発の連射に耐えられるのか?カラシニコフ社が実験動画を公開
Screenshot from Kalashinkov Media


Как убить РПД? Стрельба очередями | Разрушители Оружия - YouTube


第二次世界大戦後に登場したロシアのRPD軽機関銃は、現代的な分隊支援火器のはしりであるといわれるが、いったいどれくらいの耐久性があるのだろうか?カラシニコフ・メディアが耐久テストの動画を公開している。

参考:
カラシニコフ社が『AK-12』フルオート射撃による耐久実験の映像を公開 - ミリブロNews

RPD軽機関銃は銃器設計者デグチャレフが1944年に完成させ、50年代から60年代にかけて使用された。ソ連はもちろん中国などでもライセンス生産され以来世界中の紛争地帯でその姿を見ることができる。

動画中の個体は1960年頃にソ連軍が使用していたもの。テストでは100発のベルトリンクを次々と交換しながらフルオートで射撃している。最初のうちの不具合はベルトリンクが暴れることによる単純な給弾不良であるが、700発を過ぎた頃から白煙を上げ始めボルトの固着が始まる。その後、手動での給弾と発射を繰り返し、801発で動作がストップしたため冷却と一部パーツの交換を行ったが、復活しなかった。
仕上げが熱で溶け落ちてしまった木製のハンドガード部分。

ロシアのRPD軽機関銃は一体何発の連射に耐えられるのか?カラシニコフ社が実験動画を公開
Screenshot from Kalashinkov Media


Screenshot from Kalashinkov Media

銃の過熱とその冷却ははるか以前から銃器設計者を悩ませてきた課題であることがよく分かる。動画の不具合を防ぐためというのはもちろんのことながら、近年ではサーマル機器の発達と普及によってヒートシグネチャの隠蔽の必要性も高まっており、様々なメーカーが解決策を研究している。

参考記事:
サイレンサー一体型アッパーレシーバーM4計画「SURG」の入札が中止に - ミリブロNews

Text: Chaka (@dna_chaka)
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントが選定
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる
アメリカ国防総省 テレワーク職員の増加によってネットワークに前代未聞の負荷
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
 アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントが選定 (2020-03-19 19:26)
 ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる (2020-03-18 22:17)
 アメリカ国防総省 テレワーク職員の増加によってネットワークに前代未聞の負荷 (2020-03-17 17:21)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop