カラシニコフ社とサイバーガン社との商標権紛争は和解に向けて進展か。仲裁裁判所が延期を決定

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
ロシア連邦ウドムルト共和国の仲裁裁判所は17日、国営ロステック傘下にある大手銃器メーカーのカラシニコフ(Kalashnikov Concern)社による、フランスのエアソフト関連企業大手サイバーガン(Cybergun)社を相手取った商標権侵害に関する裁判を5月30日まで延期することを決めた。

関連記事:
カラシニコフ社がフランス大手エアソフト企業サイバーガン社を商標権侵害で提訴。ロシア国営通信が報じる
カラシニコフ社はサイバーガン社に対して、商行為をおこなっている中で「カラシニコフ(「Калашников」と「Kalashnikov」という表記)」のラベル、ブランドネームおよび、その起源となった故人の名称である「M. T.カラシニコフ(Mikhail Timofeyevich Kalashnikov)」が、商標の一部として機能していることを認めるよう要求し、サイバーガン社の商業活動に違法性を指摘してきた。

裁判記録によると「被告であるサイバーガンが原告の請求に応じる」とされ、両当事者は、相互に受け入れ可能な条件で紛争を解決する意思を表明し、和解契約の条件について議論する時間を求めている。

関連記事:
カラシニコフ社と国内サバイバルゲーム団体が、商標権使用に関する紛争解決計画に合意

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい!
ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート
「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』
リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表
 完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい! (2018-12-10 18:27)
 ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開 (2018-12-07 14:14)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート (2018-12-06 12:39)
 「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』 (2018-12-05 18:24)
 リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表 (2018-12-04 15:03)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop