NEWS

カラシニコフ社が無人戦闘車輌など新装備を投入したプロモーション映像を公開

海外軍事 Comments(0)
ロシア銃器メーカーの「カラシニコフ(Kalashnikov Concern)」社が、モスクワ近郊の試射場を使って新型車輌や装備、武器を投入したデモンストレーションを実施。そのプロモーション映像を投稿した。

エキスパート・シューターらによる各種新装備の実演は、洗練された射撃技術・所作の披露はもとより、ロシアらしく圧倒的な火力で押し切るシーンも相まって見応えあるPVとなっている。

Photo from Kalashnikov Media
撮影は氷点下のコンディションの中でおこなわれており、カラシニコフ傘下のアウトドア・ミリタリー装備/ウェアメーカー「Группа 99(Group 99)」が手掛けたという最新の軍用マルチレイヤーウェアに身を包んだシューターの姿が確認できる。また、「ソラトニク(Соратник)」や、「ナウレブニク(Нахлебник)」といった無人ロボット戦闘車、ツーリスト(Tourist)バギー、多目的バイク、PPDU遠隔操作式無人銃架(RCWS: Remote Controlled Weapon Station)の登場もある。

無人戦闘車は、一般家屋の壁をものともしない50口径重機関銃で武装しているとみられる。また、エキスパート・シューターの武装に目を移すとPP-19-01ビチャズ(Vityaz)サブマシンガンの使用が確認できる。PP19-01はサブマシンガンながらも高威力を誇る9x19mm強装弾の使用が想定される。加えて敵味方ともピストルはグロックらしきものを持っているようだ。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop