高度なスキルと緊張感の中でおこなわれたカラシニコフの危険な訓練展示

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
国際軍事技術フォーラム「アルミヤ 2017」において高度な射撃技術を披露したカラシニコフ社(Kalashnikov Concern)に所属するマスタークラスの従業員たちが、ロシア銃器産業の祝日‟鉄砲工の日( 9 月 19 日)”に同社が開催したイベントで、実戦的なシナリオに基づいたデモンストレーションを披露し、その模様を Youtube の同社公式チャンネルで公開した。

関連記事:
カラシニコフ社が自社製品PRのため、上級射撃手を起用したスリル溢れる中で華麗な技術を披露
公開された動画には、以前のミリブロ News で取り上げた「ロシア FSB アルファチームメンバーによる射撃ドリル」のようにボディアーマーを纏った相手に実弾を撃ち込む場面もあり、前回の「アルミヤ 2017」より高度でハイリスクな展示内容となっている。


Screenshot from Kalashnikov Concern official YouTube channel


Screenshot from Kalashnikov Concern official YouTube channel
ターゲット背後のオペレーターの立ち位置を踏まえて射角をコントロールしている。


Screenshot from Kalashnikov Concern official YouTube channel


Screenshot from Kalashnikov Concern official YouTube channel
胸のあとに足も射撃してるように観えるが、地表へ向けて意図的に外している。


Screenshot from Kalashnikov Concern official YouTube channel
駆け付けたオペレーターが、倒れた敵役の頭上近くに 2 発撃ち込んでいる。実戦では、とどめを刺すということだろう。


Screenshot from Kalashnikov Concern official YouTube channel


Screenshot from Kalashnikov Concern official YouTube channel
バリスティック・シールドで敵弾を受け止めながら応戦。

前回より短い約 3 分間の動画ではあるが、非常に危険なデモンストレーションをスムーズに披露しており、彼らの高いスキルが緊張感と共に十二分に伝わってくる。尚、カラシニコフ社の広報サイト:Калашников Медиа には、同デモンストレーションを別アングルから捉えた写真が複数掲載されている。

Text: 弓削島一樹 - FM201710

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop