カラシニコフ社が自社製品PRのため、上級射撃手を起用したスリル溢れる中で華麗な技術を披露

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
8月22~27日にロシア クビンカの愛国者公園にて開催された国際軍事技術フォーラム「アルミヤ2017」においてロシア最大の銃器メーカー、カラシニコフ・コンツェルン(Kalashnikov Concern)も出展し、自社製のアピール活動を積極的に行っていた。

この愛国者公園内では実銃を発砲できる専用フィールドも存在しており、カラシニコフ社所属のマスタークラスの従業員の射撃技能を魅せる実演が披露された。彼らの使う銃器は勿論カラシニコフ社の製品である。
この実演において、彼らは一歩間違えれば大惨事となりうる射撃実演を行っており、互いの射撃技量に対する信頼が無ければ勤まらない命懸けの実演をスムーズにこなしているのが最大の特徴である。互いの後ろにあるターゲットを交互に撃ち込み、ハンドガンに切り替えてもその射撃を続けるなど並大抵ではない射撃ドリルを行っている。


Screen shot from Kalashnikov concern official YouTube channel


Screen shot from Kalashnikov concern official YouTube channel
その後は頭の近くにターゲットを掲げ、離れた位置にいるギリースーツを着用した狙撃手に撃たせている。見ているこちらがハラハラするものであるが、彼らは平然としている。


Screen shot from Kalashnikov concern official YouTube channel


Screen shot from Kalashnikov concern official YouTube channel
最終的には人質救出作戦をモチーフにした射撃ドリルで、狙撃手の発砲後に突入し、人質の周辺のターゲットを撃ち抜いて行く姿は鮮やかとしか言いようがない。


Screen shot from Kalashnikov concern official YouTube channel


Screen shot from Kalashnikov concern official YouTube channel
カラシニコフ・コンツェルンは公式YouTubeチャンネルを開設しており、興味がある方は登録をお勧めする。

Концерн Калашников
https://www.youtube.com/channel/UCzGdxkzULCa9RlD-Q2EZPXQ

Text: WT83 - FM201709

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop