NEWS

カラシニコフが「MA 5.45mm コンパクトアサルトライフル」の初試作モデルを展示

海外軍事 Comments(0)
カラシニコフが「MA 5.45mm コンパクトアサルトライフル」の初試作モデルを展示
Photo: 5.45mm Compact Assault Rifle MA / Kalashnikov
モスクワ郊外クビンカの軍事公園「パトリオット」において、9 月 6 日より開幕した国際軍事技術フォーラム「アルミヤ (軍隊) 2016, Army 2016」で、カラシニコフ (Kalashnikov Group) が 5.45mm コンパクトアサルトライフル「MA」の初試作モデルを展示した。

関連記事:
カラシニコフが初試作モデル「SVK」「VSV-338」などを国際軍事技術フォーラム「アルミヤ2016」で展示
カラシニコフが「MA 5.45mm コンパクトアサルトライフル」の初試作モデルを展示
Photo: 5.45mm Compact Assault Rifle MA / Kalashnikov
「MA コンパクトアサルトライフル」は、軍用車両に搭乗する兵員に向けた PDW (Personal Defense Weapon) としてや、特殊部隊における軽量 CQB ウェポンとしての利用を想定してデザインされたもの。開発には、軍・法執行機関の現職隊員らの意見を採り入れておこなわれたことが示されている。

マガジン無しの状態での重量は 2.5 キログラム、フォールディングストックを折り畳んだ状態での全長は 50 センチメートル以下となり、標準的な AK-74M のストックを畳んだ状態よりも 20 センチメートルほど短くできる。

また、射手の利き腕の左右に関係無い操作感を出せるようアンビ仕様である他、伝統的なカラシニコフ小銃のスタイルとは異なり、逆 U 字型レシーバーとなっている。また、ポリマー製のロアレシーバーは、マガジンハウジング、トリガーハウジング、ピストルグリップと一体型となっている。

特殊部隊での利用を想定し、クイックデタッチャブル式のタクティカルサウンドサプレッサーの取り付けを可能としている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発 (2020-04-06 21:56)
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop