NEWS

カラシニコフが「MA 5.45mm コンパクトアサルトライフル」の初試作モデルを展示

海外軍事 Comments(0)

Photo: 5.45mm Compact Assault Rifle MA / Kalashnikov
モスクワ郊外クビンカの軍事公園「パトリオット」において、9 月 6 日より開幕した国際軍事技術フォーラム「アルミヤ (軍隊) 2016, Army 2016」で、カラシニコフ (Kalashnikov Group) が 5.45mm コンパクトアサルトライフル「MA」の初試作モデルを展示した。

関連記事:
カラシニコフが初試作モデル「SVK」「VSV-338」などを国際軍事技術フォーラム「アルミヤ2016」で展示

Photo: 5.45mm Compact Assault Rifle MA / Kalashnikov
「MA コンパクトアサルトライフル」は、軍用車両に搭乗する兵員に向けた PDW (Personal Defense Weapon) としてや、特殊部隊における軽量 CQB ウェポンとしての利用を想定してデザインされたもの。開発には、軍・法執行機関の現職隊員らの意見を採り入れておこなわれたことが示されている。

マガジン無しの状態での重量は 2.5 キログラム、フォールディングストックを折り畳んだ状態での全長は 50 センチメートル以下となり、標準的な AK-74M のストックを畳んだ状態よりも 20 センチメートルほど短くできる。

また、射手の利き腕の左右に関係無い操作感を出せるようアンビ仕様である他、伝統的なカラシニコフ小銃のスタイルとは異なり、逆 U 字型レシーバーとなっている。また、ポリマー製のロアレシーバーは、マガジンハウジング、トリガーハウジング、ピストルグリップと一体型となっている。

特殊部隊での利用を想定し、クイックデタッチャブル式のタクティカルサウンドサプレッサーの取り付けを可能としている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop