NEWS

ロシア・中国のジョイント計画下で、カラシニコフ社が「軍用オートバイ」を開発。アルミヤ2017で展示予定

海外軍事 Comments(0)
ロシア・中国のジョイント計画下で、カラシニコフ社が「軍用オートバイ」を開発。アルミヤ2017で展示予定
Photo: Kalashnikov's press service
カラシニコフ(Concern Kalashnikov)社が、8月22日から27日に首都モスクワ近郊のパトリオット公園で開催される「アルミヤ(Army)2017」において、軍用オートバイの展示を予定している。ロシア大手メディアRBCが、4日付で報じた。
RBCの取材によると、この新たな軍用バイクは、ロシア・中国によるジョイント計画となり、エンジンを中国側が担当し、その他のパーツをロシア側が受け持つという。3モデルのラインナップが予定されているとのことで、法執行機関向けの取り組みとなっている。

なお、モックアップの目撃証言によると、日本のカワサキ製バイクの様な外観をしたマウンテンバイクのようだったとされる。電動、ガソリンの両駆動で用意されるようだ。

現時点での情報は制限されているが、来月におこなわれる展示会の席上で、その詳細が明らかになることが示されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop