韓国エアソフトメーカー「GBLS」が HK416限定版『GDR416』を発表。DAS次期開発モデルは『89式小銃』か

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
韓国エアソフトメーカー「GBLS」が HK416限定版『GDR416』を発表。DAS次期開発モデルは『89式小銃』か
GBLS正規代理店(BULLET)がショットショージャパンにおいて、HK416限定版の『GDR416』を発表。加えて昨日付でDASシリーズ次期開発モデルのティーザーを投稿している。

関連記事:
韓国エアソフトメーカー「GBLS」が2020年新モデル『AKシリーズ』を発表
GDR416は、実銃と同じ製造方法とし、鍛造7075削り出しレシーバーでスチールボルトキャリアなどを盛り込んだ特別仕様になるとし、数量限定販売で近日にも予約開始をおこなうとしている。

また次期開発モデルは「89式小銃」になるとみられる。

なお2020年に発売を控える「AK」シリーズにおいては、74モデルとAKMモデルを新たに発表している。

GBLSは実銃のようなリアルな構造と動作を備えた「DAS(Dynamic Action System)」と呼ばれる電動エアソフトの開発・製造を手掛けており、国内で開催された防衛展示会では、視察に訪れた文在寅(ムン・ジェイン)大統領の試射する映像が公開され話題となっている。

関連記事:
韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射

Source: GBLS正規代理店 BULLET(バレット)

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ドッペルギャンガーがサバゲーマーの装備を美しくディスプレイし収納できる専用什器シリーズを発売
SOMOGEARが米軍特殊部隊の次世代照準レーザー『NGAL』のエアソフト用レプリカ製品を発売
リューポルドが5タイプのプロテクションアイウェアを発表
台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表
台湾イベント「MOA 2019」でARCHWICKが『Mk13 Mod 7』エアソフト・スナイパーライフルを展示
SIG AIR電動エアソフトガン『ProForce MCX Virtus(ヴィルトゥス)』
 ドッペルギャンガーがサバゲーマーの装備を美しくディスプレイし収納できる専用什器シリーズを発売 (2020-01-24 10:55)
 SOMOGEARが米軍特殊部隊の次世代照準レーザー『NGAL』のエアソフト用レプリカ製品を発売 (2020-01-23 14:00)
 リューポルドが5タイプのプロテクションアイウェアを発表 (2020-01-21 15:20)
 台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表 (2020-01-10 17:05)
 台湾イベント「MOA 2019」でARCHWICKが『Mk13 Mod 7』エアソフト・スナイパーライフルを展示 (2019-12-18 16:35)
 SIG AIR電動エアソフトガン『ProForce MCX Virtus(ヴィルトゥス)』 (2019-12-18 13:49)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop