レーザー照射×4で「コラテラルダメージ」の低減を狙う。ショットガン用レフレックス・サイト『Quad Safe』

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Kruger Optical
米ラスベガスで開催中の銃器展示会「USショットショー」において、クルーガー・オプティカル(Kruger Optical)が4つのレーザーを照射するショットガン用ドットサイト「クウォッド・セイフ レーザー・リフレックス・サイト(Quad Safe Laser Reflex Sight)」を発表した。

Photo from Kruger Optical
オレゴン州プラインビルのオーココ・アームズ(Ochoco Arms)と提携したもので、ショットガン運用時における「巻き添え被害(コラテラルダメージ)」の軽減が目的。ホームディフェンスおよび法執行機関による住宅街での利用を想定している。


Photo from Kruger Optical
クウォッド・セイフは特許取得済み(U.S. Patent 8,459,822)のデザインとなっており、標準的なレッド・ドット・レティクルと、ショットガンの着弾範囲を示す4つのレーザー照射機能を持つ。レーザーは、銃のチョーク設定に対応するように較正ができる他、その電源が独立しており、明るさ・精度補正共に個別調整を可能としている。製品諸元は以下の通り。

• 1x compact reflex sight.
• 3 MOA dot size.
• Parallax free to 50 yards.
• Impact tested to 750 g for 1,000 cycles.
• Windage/elevation adjustment to +/-50 MOA.
• Illuminated reticle with 8 brightness levels; CR2 battery.


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに
Umarexより正規ライセンス取得のHK416D PTWが間もなく登場?
ロシア製短機関銃『PP2000』のガスブローバック版エアソフトを台湾のModify社が開発中
明日香縫製×VTG共催による新イベントゲーム『DISASTERZ(デザスターズ)』が5/1にコンバットゾーン京都で開催
香港Angry GunがマルイM4 GBB用「ジョン・ウィックのライフル」コンバージョンキットを発売
UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定
 ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに (2019-03-22 10:08)
 Umarexより正規ライセンス取得のHK416D PTWが間もなく登場? (2019-03-21 16:11)
 ロシア製短機関銃『PP2000』のガスブローバック版エアソフトを台湾のModify社が開発中 (2019-03-15 15:09)
 明日香縫製×VTG共催による新イベントゲーム『DISASTERZ(デザスターズ)』が5/1にコンバットゾーン京都で開催 (2019-03-14 20:31)
 香港Angry GunがマルイM4 GBB用「ジョン・ウィックのライフル」コンバージョンキットを発売 (2019-03-14 18:25)
 UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定 (2019-03-11 14:01)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop