NEWS

L3 EOTechが、米軍特殊作戦司令部(USSOCOM)から最新モデルの『ホロサイト』と『G33』の受注を獲得

海外軍事 Comments(0)
L3 EOTechが、米軍特殊作戦司令部(USSOCOM)から最新モデルの『ホロサイト』と『G33』の受注を獲得
Photo from EOTECH.
This photo is for illustrative purposes only.
L3テクノロジーズ社が、米軍特殊作戦司令部(USSOCOM)から最新モデルの『EOTechホロサイト』と『G33マグニファイア』の受注を獲得した。

関連記事:
米海軍海上戦闘センター・クレーンが総額27億円の『L3 EOTech』製「CQBサイト&マグニファイアー」を契約
L3 EOTechが、米軍特殊作戦司令部(USSOCOM)から最新モデルの『ホロサイト』と『G33』の受注を獲得
Photo from EOTECH.
This photo is for illustrative purposes only.
プレスリリースによれば『昼光用小型照準システム(MAS-D: Miniature Aiming System - Day Optics)』一式向けとなり、5年オプション付きの数量未定(IDIQ)5ヶ年契約。2,630万ドル(=約29億円)の案件となっている。なお掛かる作業については、本社のあるミシガン州アナーバーでおこなわれることが示されている。

関連記事:
米海軍海上戦闘センター(NSWC)/クレーンが「接近戦用照準器(CQS)」最大50億円相当の購入計画を発表

EOTech製品は2001年以来、18年に渡って軍特殊作戦司令部へ堅牢で先進的なホロサイト製品の供給を続けている。

Source: L3 Technologies Awarded Special Operations Command Contract for EOTECH Optics

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ウィルソン・コンバットによる実戦志向のシグ・P320カスタム「WCP320」が発売
田村装備開発が衛生用マスクとしても使用できるフェイスガードを発売
新型コロナ 中東・北アフリカ情勢に大きな影響を与える
ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ウィルソン・コンバットによる実戦志向のシグ・P320カスタム「WCP320」が発売 (2020-04-10 20:55)
 田村装備開発が衛生用マスクとしても使用できるフェイスガードを発売 (2020-04-09 21:24)
 新型コロナ 中東・北アフリカ情勢に大きな影響を与える (2020-04-07 19:43)
 ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発 (2020-04-06 21:56)
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop