NEWS

エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得

海外軍事 Comments(0)

Photo from Kaitseväe Veebel / SGM of Estonian Defence Forces
エストニア国防軍向け新制式小銃に、米国の銃器メーカー『ルイス・マシーン・アンド・ツール社(LMT: Lewis Machine & Tool Company)』製品の採用が決まった。

総額100億円近い「7,500万ユーロ(=約96.8億円)」と目される新制式小銃の座を巡っては、①ヘッケラーアンドコッホ(H&K)、②シグ・サワー(SIG Sauer)、③ルイス・マシーン&ツール(LMT: Lewis Machine & Tool)、④パトリオット・オードナンス・ファクトリー(POF: Patriot Ordnance Factory)の4社がトライアルに参加している。

関連記事:
総額100億円、エストニア新制式小銃の調達案件受注を狙いH&K、SIG、LMT、POFが資料提出

Photo from Kaitseväe Veebel / SGM of Estonian Defence Forces
国防投資センター(ECDI: Estonian Centre for Defence Investments)で入札委員を務めるラウーノ・サーク(Rauno Sirk)大佐は発表の中で、「今年3月におこなわれた射撃テストを踏まえ、委員会としてはまず、新小銃が異なる環境や天候の中でも精確な射撃がおこなえ且つ利便性に優れ、信頼性を保てることと、『全体コスト』を中心に精査した」「取得に当たっての初期コスト自体はそれほど重要な問題では無く、向こう20年間に渡る全体的な耐用年数を評価した」と述べている。

予定されている契約の下、エストニアは2019年から2021年に掛けて、追加装備を含め約16,000挺・2,200万ユーロ(=約28億円)の購入をおこなう計画。また契約には、2026年までに追加購入も組み込まれている。

Source: Lewis Machine & Tool Company wins automatic firearms contract

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop