NEWS

ライトファイター(LiteFighter Systems)社が米海兵隊用『コンバットテント』の大口契約を受注

海外軍事 Comments(0)

Photo from LiteFighter Systems, LLC.
アメリカ国防総省が、コンバットテントを手掛けるペンシルベニア州フィラデルフィアのライトファイター・システムズ社(LiteFighter Systems, LLC.)との間で、海兵隊用のコンバットテントを最大約1,062万米ドル(=約11億8千万円)で購入する契約を交わしたことを発表した。
購入対象となる製品名は明らかにされていないが、この金額を同社製品の平均小売価格440米ドルで計算すると約24,000セット分となる。購入費用は2018~23年度の予算から歳出され、4年計画で2023年7月までに完納される予定。


Photo from LiteFighter Systems, LLC.
ライトファイター社は、コンバットテントの他にテント用品、虫除けスプレー、キャリーバッグ、アパレル用品を手掛ける2010年創業の中小企業である。今回はライバル企業2社を抑えて大口の契約を勝ち取ったとのこと。

Source: U.S. DoD contracts infromation

Text: 弓削島一樹 - FM201807

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop