米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開

海外軍事 ミリタリー模型・フィギュア Comments(0)
米海兵隊求人司令部(MCRC:Marine Corps Recruiting Command)は、リクルート・キャンペーン「戦いの勝利(Battles Won)」にあわせて製作した3つの彫刻作品(「At Their Core」、「Nation's Call」、「Waged in Will」)をバージニア州トライアングルにある国立海兵隊博物館(NMMC:National Museum of the Marine Corps)へ寄贈し、2017年12月13日に公開した。

Photo By: Pfc. Mitchell Collyer
3つの彫刻作品は、MCRCの契約広告代理店:J.ウォルター・トンプソン社から製作依頼を受けた同国の美術家、クリス・カックシー(Kris Kuksi)氏が手掛けたもので、創設期から現代までの海兵隊戦史を描写することで海兵隊の本質である「戦う精神」を具現化している。製作期間は約7か月を要したとのこと。
カックシー氏は、バロック彫刻風の緻密で幻想的な作品を多く手掛けており、世界各国の展覧会に出展している気鋭の美術家。


「At Their Core」と製作者のクリス・カックシー氏
Photo from National Museum of the Marine Corps official FaceBook page
上記動画の「At Their Core」と銘打った作品は、海兵隊員の全身像(高さ約7フィート / 重さ約150ポンド)の随所に、世界各地から取り寄せたプラモデル / フィギュア / ビルディングブロック / 3Dプリントを素材とする兵士や兵器が配置されている。NMMCのチーフスタッフ、テレサム・トレンシャード(Terence Trenchard)大佐は「作品の情報量があまりにも多く、観覧者は博物館へ何度も足を運ぶことになるだろう。海兵隊の本質を見事に具現化している」と述べている。

Text: 弓削島一樹 - FM201801

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop