メプロライト社製の軍・法執行機関向けライフルスコープ「Mepro MESLAS」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
メプロライト社製の軍・法執行機関向けライフルスコープ「Mepro MESLAS」
スナイパーは任務を行うにあたり様々な問題に直面する。戦闘時ともなれば尚更だ。
ターゲットまでの距離や横風を計算することは狙いを定める上で非常に重要であり、射手は弾頭の重量と弾速がそれらの計算に係わる事を理解している。

メプロライト社はそんな彼らの為にレーザー測定機及び弾道計算システムが内蔵された10x40倍率スコープ、MESLAS(メスラス)を開発した。MESLASは射手を補助するいくつかの機能を備えており、有効距離80から2,500メートルの間で捕捉した目標を正確に測定し、弾道計算を行うことができる。
アメリカ陸軍特殊部隊・グリーンベレーのスナイパーを退役したチャンス・ジェネリ元軍曹は「(250~800メートルの)異なる距離に並べられた目標に対し、27秒間で6発中5発を命中させた。驚いたね、普通はこんな短時間では撃てないよ。これぞ未来のあり方だ」と語る。

MESLASは単一パルス式のレーザー測定機が組み込まれており、測定距離をレンズに表示させる。射手はスコープを覗いたまま素早く弾道計算を行い射撃に移ることができる。

内蔵された射撃統制・弾道計算システムは5つのタッチパッド式ボタンを用い、10通りもの異なる火器に対応した設定が可能となっている。MESLASのタフで無骨なデザインは、戦場のような過酷な条件でも耐えうるように設計されている。

Mako Groupは実戦で証明された高品質の武器・装備やその他周辺機器などの販売を手掛ける総代理店で、Meprolight社、FAB Defense社、E-Lander社、Front Line社などイスラエルメーカの製品を主に取り扱っている。

Text: Yeah_pom - FM201609

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
 ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。 (2020-04-02 19:48)
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop