NEWS

同人誌 ミリタリーナレッジレポーツ vol.18「テロと警備」が10/28に新発売

専門誌 Comments(0)
同人誌 ミリタリーナレッジレポーツ vol.18「テロと警備」が10/28に新発売
ミリタリー専門の同人誌、「ミリタリーナレッジレポーツ」の最新号となるvol.18が、10月28日(土)に東京・神保町で行われる「おもしろ同人誌バザール」で、その翌週のビクトリーショーにおいて発売となる。今号でのテーマは、「テロと警備」(Security against Terrorism)。
以下、ミリブロ公式ゲストブロガーであり、同誌の著者である友清氏から最新号の発売に向けたメッセージが寄せられた。

今回のトピックは、警備という点から見たテロ対策です。
かつてテロといえば、遠い海外のできごとのように思われていましたが、現在は本当に身近にある危機と言ってもいいでしょう。日本では爆弾テロや銃の乱射はなくとも、トラックで商店街に突っ込むようなことは十分にありえます。

実は、対テロ作戦や犯罪予知/予防、セキュリティというトピックは、私が長年関心のあったもので、これまでもVOL9のFBI、VOL12の自己防衛で扱ってきました。今回はその最終章という位置づけです。

FBIでテロの形態や性質を解説し、自己防衛で個人レベルの対応を解説してきました。今回は組織としてどのようにテロに対応するかを解説したものです。

今後、日本でも十分に起こりうるテロ対策の一助となれば幸いです。

本書は、10/28に神保町で行われる「おもしろ同人誌バザール」、その翌週のビクトリーショーで販売します。


同人誌 ミリタリーナレッジレポーツ vol.18「テロと警備」が10/28に新発売



同じカテゴリー(専門誌)の記事画像
L・ネヴィル著/床井雅美監訳/茂木作太郎訳『SAS英陸軍特殊部隊─世界最強のエリート部隊』
現役「グリーンベレー」隊員を父に持つ9歳の少年の綴った児童書が、Amazonカテゴリーランキングで1位を獲得
同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.25、「米海兵特殊作戦コマンド(MARASOC)」
並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行
世界の戦車&軍用車を400輌以上紹介する『ザ・タンクブック 世界の戦車カタログ』が刊行
元陸上自衛隊1佐が描く『漫画クラウゼヴィッツと戦争論』
同じカテゴリー(専門誌)の記事
 L・ネヴィル著/床井雅美監訳/茂木作太郎訳『SAS英陸軍特殊部隊─世界最強のエリート部隊』 (2019-12-17 12:45)
 現役「グリーンベレー」隊員を父に持つ9歳の少年の綴った児童書が、Amazonカテゴリーランキングで1位を獲得 (2019-12-13 15:54)
 同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.25、「米海兵特殊作戦コマンド(MARASOC)」 (2019-12-05 17:37)
 並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行 (2019-11-06 17:37)
 世界の戦車&軍用車を400輌以上紹介する『ザ・タンクブック 世界の戦車カタログ』が刊行 (2019-09-11 11:09)
 元陸上自衛隊1佐が描く『漫画クラウゼヴィッツと戦争論』 (2019-06-28 12:59)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop