NEWS

ロシア『5.45 DESIGN』の戦闘服をフランス「GIGN」、スペイン、ハンガリーなどNATO傘下の特殊用途部隊が購入

海外軍事 Comments(0)
ロシア『5.45 DESIGN』の戦闘服をフランス「GIGN」、スペイン、ハンガリーなどNATO傘下の特殊用途部隊が購入
ロシアの新鋭装備ブランド『5.45 DESIGN』が、ドイツ・ニュルンベルクでおこなわれたIWAで、最新タクティカルウェア「Manul」を発表。赤外線処理済の繊維を使用したA-TACS迷彩の戦闘服で、通気性がありながらも、防風・防水の両性能を併せ持つ他、全体的にコーデュラで補強されているため耐久性にも優れ、夏草の茂った植生や森林に最適と謳っている。
5.45 Design | Tactical gear and equipment | Made in Russia
5.45デザインは、ロシア連邦ならびに独立国家共同体(CIS: Commonwealth of Independent States)の特殊用途部隊(special purpose units)に向けたデザインのウェアやギアを開発するカラシニコフ社のブランド。

関連記事:
ロステック、傘下のカラシニコフ・コンツェルンが特殊部隊向け装備を開発・生産すると発表

ロシア・ビヨンド紙は、「NATO傘下の部隊がロシア製の最新戦闘服を購入する」と見出しを打ち、「今後数ヶ月の内に、フランス国家憲兵隊治安介入部隊「GIGN(Groupe d'intervention de la gendarmerie nationale)」をはじめ、スペイン警察と地方の特殊用途部隊、ハンガリーのカウンターテロ部隊との間で契約が結ばれる見込みだ」「今年の半ばには欧州各国の警察特殊用途部隊において着用されている姿が確認できるようになる」「競合ブランドは『アークテリクス(Arc'teryx)』と『UF PRO』だ」と報じている。

Source: NATO units to purchase latest Russian-made tactical clothing

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する
「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討
米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー
小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中
米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に
米海兵隊が歩兵向けに軽量な『統合ヘルメットシステム(IHS)』取得に向けた情報提供を呼び掛け
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する (2019-06-13 16:13)
 「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討 (2019-06-12 17:40)
 米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー (2019-06-11 16:25)
 小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中 (2019-06-11 14:04)
 米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に (2019-06-07 19:45)
 米海兵隊が歩兵向けに軽量な『統合ヘルメットシステム(IHS)』取得に向けた情報提供を呼び掛け (2019-06-07 13:31)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop