NEWS

米陸軍が新素材を使用しデザイン・構成を一新する『改良型熱帯地用コンバットブーツ』の情報提供を呼び掛け

海外軍事 Comments(0)

Photo from U.S. Army 25th Infantry Division
This photo is for illustrative purposes only.
米マサチューセッツ州ネイティックの「陸軍兵士研究開発工学センター(NSRDEC: Army Natick Soldier Research, Development and Engineering Center)」が、新たな素材を使用し、デザイン・構成を一新した『改良型熱帯地用コンバットブーツ(Improved Hot Weather Army Combat Boot)』の取得を狙う「情報提供依頼書(RFI: Request for Information)」を発出した。
RFIは、新装備取得に関する基本的情報の要求であり、より具体的な仕様や性能を求めた「提案依頼書(RFP: Request For Proposal)」の作成に繋がって行く。今回のRFI発出ではまず、要求する仕様の試作品について、製造能力を持つ事業者の選定が挙げられている。

関連記事:
米陸軍の新型『ジャングル戦闘ブーツ』は4つの専門分野から成る作業グループで評価中
NSRDECの「兵士被服・構成管理チーム(SCCMT: Soldier Clothing and Configuration Management Team)」が革新的な次世代戦闘ブーツの取得を掲げて目下、市場調査をおこなっているとのこと。NSRDECでは「華氏10度(摂氏10度)~華氏120度(摂氏49度)」の内、とりわけ熱帯環境下に則した製品を希求し、①重量負荷の軽減と②快適性の向上を掲げている。

性能要件を満たす提案事業者については、その試作品を最大で400足の供給能力を持つことが求められている。回答期限は6月15日。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop