NEWS

自律型ドローンで偵察し後続の精鋭アサルターが敵を無力化。米海軍特殊部隊が室内戦訓練映像を公開

海外軍事 Comments(0)
米海軍特殊作戦司令部(NSWC: Naval Special Warfare Command)が、偵察用の小型・自律型ドローンを使って建屋を急襲し、室内での戦闘を想定する訓練映像を投稿した。まるで近未来を舞台としたアクションシューターゲームのような戦闘シーンが、まさに現実のものとなって運用されることが示されている。

Screenshot from Naval Special Warfare Command's DVIDS channel
カリフォルニア州コロナドのキルハウスで2月末におこなわれたこの訓練。特殊部隊員が建屋を急襲する際、バックパックに収めて持ち運べるサイズの偵察用ドローンから、スマートフォンサイズの携帯端末に送られるライブ映像を確認している様子が収められている。


Screenshot from Naval Special Warfare Command's DVIDS channel


Screenshot from Naval Special Warfare Command's DVIDS channel
野戦とは違い、室内戦闘では入り組んだ構造の中を滑らかに移動する必要が出る。映像では隊員から放たれた手乗りドローンが、敵脅威の潜む建屋に先行して侵入。ライブ映像を送信しながら、敵の隠れる部屋へとナビゲートし、後続の精鋭アサルターによる敵の無力化に貢献している様子が映し出されている。

こうした小型自律式ドローンの導入は、戦闘の効率化を図ることはもちろんのこと、貴重な特殊部隊員の損耗を回避する狙いがある。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop