NEWS

ビン・ラディンに最後の一発を見舞った元DevGru隊員、ロバート・オニール氏が厳戒態勢の中で挙式

海外軍事 Comments(0)
9.11の首謀者、オサマ・ビン・ラディン(Osama Bin Laden)容疑者の急襲作戦に参加し、その最後を迎える一発を見舞った「Shooter」、元米海軍特殊部隊ST6(SEAL Team 6, a.k.a. "DevGru")隊員のロバート・オニール(Robert O’Neill)氏(41歳)が、8月に結婚していたことが分かった。英国の老舗タブロイド紙であるデイリー・メールが、独占スクープとして詳報している。
マサチューセッツ州ケープコッドで挙げられた結婚式は厳戒態勢の中でおこなわれ、デトロイト出身のロックミュージシャン、キッド・ロック(Kid Rock)がゲストとして招待されている。
また、式場に駆け付けたオニール氏だったが、教会に来るまでの間に指輪を忘れてきたエピソードも紹介されている。

新妻となったジェシカ(Jessica)さん(27歳)との馴れ初めは、オニール氏が登壇したあるカンファレンスの席だったという。ジェシカさんもその場に出席した一人で、彼女の上司は元々別の人物を登壇させる予定だったようだ。

ジェシカさんは、オニール氏が特殊部隊のメンバーであること自体は承知していたものの、かの有名なオサマ・ビン・ラディン容疑者を殺害した米軍戦史に残る人物であることまでは知らなかったとのこと。


Mikhail Glabets Photography/DailyMailTV


Mikhail Glabets Photography/DailyMailTV
国家の為、文字通りに命を掛けて戦ってきたオニール氏。自身の「晴れの日」に着用したスーツの内張りには色鮮やかな「スターズアンドストライプス」が配われていた。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
 米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始 (2018-11-08 19:26)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop