NEWS

米海軍、故クリス・カイル (Chris Kyle) 氏のメダル数のカウントを「引き下げ」

海外軍事 Comments(0)

Photo: Chris Kyle
軍の内部資料と自叙伝との間で、叙勲のメダル個数が合わないことから騒動となっていた、元・米海軍特殊部隊 SEAL 隊員で、米軍史上最多キル数の記録を持つ故クリス・カイル (Chris Kyle) 氏。
AP 通信によると、海軍の調査結果は「シルバースターが 1 つと、V デバイス付きを含む 4 つのブロンズスター」であったことが分かった。これはカイル氏の自叙伝に記載されていた「私はシルバースター 2 つとブロンズスター 5 つを受けた」とする記述から、減ったものとなっている。

関連記事:
「アメリカン・スナイパー」故クリス・カイル氏、内部資料と自叙伝でメダル個数が合わず騒動に

【前回】
・インターセプト (確認済のみ)
「シルバースター 1 個とブロンズスター 3 個」

・自叙伝
「シルバースター 2 個とブロンズスター 5 個」

・除隊書類 (DD214)
「シルバースター 2 個とブロンズスター 6 個」

【今回】
★海軍調査報告 (DD214 再発行)
「シルバースター 1 個とブロンズスター 4 個」
海軍スポークスマンによると、「海軍は (疑惑の報道を受けて) 6 月 14 日から調査をおこなっていた」「どのような経緯でメダル個数のミスカウントが発生したかは分からない」「しかし書類発行手続きの中で今回のようなミスが起きることは、そう珍しいことではない」と言及している。

なお、AP 通信によれば、海軍は今回話題に上がった「除隊証明書 (DD214 forms) 」を 2015 年だけでも 3,800 回訂正しているとのこと。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』
米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画
インドがパキスタンに対抗し「ベレッタ」と「バレット」製の長距離スナイパーライフルを緊急調達
L3テクノロジーズ社の『地上全景暗視ゴーグル(GPNVG)』が「国際スパイ博物館」のイノベーション賞を獲得
ポーランド警察がスロベニア「アレックス社」製の新型ピストル『REX Zero 1 CP』×965挺を受領
アフリカ・ガーナの「カンタンカ・グループ」が『装甲強化外骨格』を展示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』 (2019-01-17 11:21)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画 (2019-01-16 12:48)
 インドがパキスタンに対抗し「ベレッタ」と「バレット」製の長距離スナイパーライフルを緊急調達 (2019-01-15 13:39)
 L3テクノロジーズ社の『地上全景暗視ゴーグル(GPNVG)』が「国際スパイ博物館」のイノベーション賞を獲得 (2019-01-11 17:51)
 ポーランド警察がスロベニア「アレックス社」製の新型ピストル『REX Zero 1 CP』×965挺を受領 (2019-01-10 16:15)
 アフリカ・ガーナの「カンタンカ・グループ」が『装甲強化外骨格』を展示 (2019-01-09 16:23)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop