NEWS

オランダ国防省が特殊部隊用に「HK416A5」を購入

海外軍事 Comments(0)

Photo from Heckler & Koch
This photo is for illustration purposes only.
オランダ国防省は9日、欧州連合の「入札電子日報(TED: Tenders Electronic Daily)」を通じて、「HK416A5」アサルトライフルの購入を主とした調達構想が合意に達したと公示した。
「コンドル・アーネム社(Condor Arnhem B.V.)」を仲介事業者とし、税(VAT)抜きで総額1,400万ユーロ(=約18億4,000万円)の案件。補修パーツを含め7年間に渡るフレームワークとなっている。また、契約に含まれる一連のパッケージには、H&Kの他にITWネクサス、ファーストスピア、ストリームライト、マンタ、コルト・カナダ、マグプル、シュアファイア、エイムポイントといった製造事業者の名も刻まれている。

大手軍事情報サイト「IHS Janes」が報じたのを機に、幾つかの英語圏の銃器情報サイトでは「今回調達されるHK416A5は特殊部隊用だ」と掲載。「陸軍特殊部隊・KCT(Korps Commandotroepen)」「海兵隊特殊部隊・NLMARSOF(Netherlands Maritime Special Operations Forces)」「憲兵隊特殊部隊・BSB(Brigade Speciale Beveiligingsopdrachten)」がその主な納品先として挙げられている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop