「新型ロボットが生身の兵士を時代遅れにする」最強のロボットガンマンのパロディ映像が口コミで話題に

映画・テレビ Comments(0)
「新型ロボットが生身の兵士を時代遅れにする」最強のロボットガンマンのパロディ映像が口コミで話題に
ロボティクス分野のパイオニアとして知られる米ボストン・ダイナミクス社が現在開発中のロボットをモチーフにしたパロディムービー『New Robot Makes Soldiers Obsolete (Bosstown Dynamics)』が、YoutubeのCorridor公式チャンネルで公開された。Corridorは、「ディビジョン実写版トレーラー」やミリタリーアクションWEBドラマ「RUSH」などYoutubeで多くの作品を発表している映像クリエーターチームである。

関連記事:
ジョン・ウィックのガンアクションの視覚・音響効果をより迫力が出るように付け直すとこうなる
ソフトバンクが米「ボストン・ダイナミクス」と東大発のロボット・ベンチャー「シャフト」を買収
Corridorは、今年6月に同ロボットをモチーフにしたパロディムービー「Bosstown Dynamics: New Robot Can Fight Back!」を公開し、本物と見まごうほどのCGロボットが話題となった。両作品とも過酷なストレス負荷試験に耐えられずロボットが自我を開放するというシナリオだが、本作では銃器アクションをメインに構成されている。名優ロビン・ウィリアムズ主演の映画「アンドリューNDR114」など自意識をもった自律型ロボットが登場するSF作品は数多くあるが、現実世界で現在開発中のロボットがモチーフになるとリアリティがあり、米SF作家アイザック・アシモフの「ロボット工学三原則」が架空世界のモノでは無くなる日が来るかもしれない。本作のメイキング動画も公開されており、4分程の短編作品とはいえVFX処理作業は非常に手間が掛かり、完成までに約1ヵ月要したようだ。

関連動画:本作のメイキング動画「We Used CGi to Fake Military Robots」

演者が絡むシーンの撮影ではプロップガンが使われたようだが、ラリー・ヴィッカーズ TAC-TVの「INSANE Russian Counter Terror Confidence Drill」に出演した露FSBアルファチームメンバーがモデルと思われる「AKを撃つインストラクター」役が、手練れた感じで良い味をだしている。
関連動画:本作のVFX処理前と処理後の比較動画「Bosstown Dynamics: VFX Before & After Reveal」


Text: 弓削島一樹 - FM201911

同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
南北軍事境界線(DMZ)地下30mで繰り広げられるミリタリー・サバイバル・アクション映画『PMC:ザ・バンカー』
トム・クランシー「Jack Ryan」シーズン2が11/1にAmazon Prime Videoで配信開始
映画「007 黄金銃を持つ男」の実寸大プロップガンのレプリカが500セット限定発売
映画「バッドボーイズ」シリーズ第3弾、『Bad Boys for Life』海外版トレーラーが公開
世界秩序の崩壊を目論むバイオテロを阻止せよ。多国籍特殊部隊の活躍を描く映画『Rogue Warfare』
『バイオハザード RE:2』レオン・S・ケネディのシリアルNo.入り公式パーソナルボディアーマーが発売
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 南北軍事境界線(DMZ)地下30mで繰り広げられるミリタリー・サバイバル・アクション映画『PMC:ザ・バンカー』 (2019-11-06 17:01)
 トム・クランシー「Jack Ryan」シーズン2が11/1にAmazon Prime Videoで配信開始 (2019-09-09 10:29)
 映画「007 黄金銃を持つ男」の実寸大プロップガンのレプリカが500セット限定発売 (2019-09-06 17:04)
 映画「バッドボーイズ」シリーズ第3弾、『Bad Boys for Life』海外版トレーラーが公開 (2019-09-05 15:06)
 世界秩序の崩壊を目論むバイオテロを阻止せよ。多国籍特殊部隊の活躍を描く映画『Rogue Warfare』 (2019-09-02 17:14)
 『バイオハザード RE:2』レオン・S・ケネディのシリアルNo.入り公式パーソナルボディアーマーが発売 (2019-08-26 18:29)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop