NEWS

銃剣とアンダーバレルグレネードランチャーを同時に使用できるようになるバヨネットアダプタ

海外軍事 Comments(0)

Photo from NextGen Defence Research Web Page
銃身に取り付ける銃剣は銃身下に装着するグレネードランチャーと干渉してしまう。そこで銃身の横に銃剣を取り付けることのできるアダプタが色々考案されている。

NextGen Defense Research LLCが開発した「XM203A1・A2」もこうしたバヨネットマウントのひとつ。スリングマウントと共締めするだけで、左右いずれかの方向にバヨネットラグを装着することができ、ライトやランチャーを避けることができる。

Photo from NextGen Defence Research Web Page
支給品ではなく私物としてだが、イラクでの使用例もあるようだ。

Photo from NextGen Defence Research Web Page

銃剣は時代遅れな装備と思われがちだが、銃剣をつけた小銃を持った兵士の隊列が持つ威圧感は儀仗や暴徒鎮圧の時などには欠かすことができない。

また、少人数での偵察時などには退却の際に追跡されるのを防ぐべく、事前にタイヤをパンクさせて走行不能にするのにも有用である。Mako社がこの用途に特化したスパイクを販売している。筒状であるため装着したまま射撃でき、タイヤから抜けなくなってもすぐにスペアと交換できる。

Shoot-Through Bayonet | Special Forces Stealth Tactics | Tactical Rifleman

他にもプロトタイプ止まりであるが、ガイズリー社もレイルマウント式のバヨネットラグを開発している。

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201712
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop