NEWS

元・米海軍特殊部隊 ST6 隊員マーク・オーウェン氏の新著「No Hero」の日本語版単行本が 11/23 に発売

専門誌 Comments(0)
元・米海軍特殊部隊 ST6 隊員マーク・オーウェン氏の新著「No Hero」の日本語版単行本が 11/23 に発売
No Hero: The Evolution of a Navy Seal Paperback
元・米海軍特殊部隊 SEALs 隊員、マーク・オーウェン氏の新著書「No Hero: The Evolution of a Navy Seal (邦題: NO HERO アメリカ海軍特殊部隊の掟) 」の日本語版単行本が 11 月 23 日に、アマゾンで発売される。

関連記事:
米海軍犯罪捜査局がビン・ラディン急襲作戦の暴露本著者、元・ST6 隊員マーク・オーウェン氏に対する調査を拡大
前作「アメリカ最強の特殊戦闘部隊が「国家の敵」を倒すまで NO EASY DAY (原題: No Easy Day: The Firsthand Account of the Mission That Killed Osama Bin Laden) 」を執筆したマーク・オーウェンこと、本名マシュー・ビソネット (Matthew Bissonnette) 氏は、9.11 米同時多発テロ事件の首謀者である、オサマ・ビン・ラディン (OBL: Osama bin Laden) 容疑者の急襲作戦「オペレーション・ネプチューンスピア」に参加した精鋭「ST6 (SEAL Team 6, a.k.a. "DevGru") 」のメンバー。

本作では、「更にディープな SEAL の進化が明かされる」とし、アマゾンの書籍レビューでは以下の商品説明が提示されている。

『NO HERO』では、いままでの戦争ノンフィクションが書いてこなかったことを書きたかった。戦争の本質、つまり個人的な闘いや困難から、おれが何を学んだかについてだ」とオーウェンは語る。「『NO HERO』は、おれのチームメイト、そして自由に命を捧げたすべての元・現役SEALたちが生きていたことの証なんだ。おれたちのコミュニティでは、若い世代を教育すべしと常に教えられてきた。おれたちが学んできた教訓や価値を次の世代に渡すことで、彼らがそのまた次の世代にそれを託せるように、だ。『NO HERO』がその一助となることを望んでいる

NO HERO アメリカ海軍特殊部隊の掟
マーク・オーウェン (著), ケヴィン・マウラー (著), 熊谷 千寿 (翻訳)
単行本: 288ページ
出版社: 講談社 (2016/11/23)
言語: 日本語
ISBN-10: 4062190605
ISBN-13: 978-4062190602
発売日: 2016/11/23


同じカテゴリー(専門誌)の記事画像
L・ネヴィル著/床井雅美監訳/茂木作太郎訳『SAS英陸軍特殊部隊─世界最強のエリート部隊』
現役「グリーンベレー」隊員を父に持つ9歳の少年の綴った児童書が、Amazonカテゴリーランキングで1位を獲得
同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.25、「米海兵特殊作戦コマンド(MARASOC)」
並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行
世界の戦車&軍用車を400輌以上紹介する『ザ・タンクブック 世界の戦車カタログ』が刊行
元陸上自衛隊1佐が描く『漫画クラウゼヴィッツと戦争論』
同じカテゴリー(専門誌)の記事
 L・ネヴィル著/床井雅美監訳/茂木作太郎訳『SAS英陸軍特殊部隊─世界最強のエリート部隊』 (2019-12-17 12:45)
 現役「グリーンベレー」隊員を父に持つ9歳の少年の綴った児童書が、Amazonカテゴリーランキングで1位を獲得 (2019-12-13 15:54)
 同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.25、「米海兵特殊作戦コマンド(MARASOC)」 (2019-12-05 17:37)
 並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行 (2019-11-06 17:37)
 世界の戦車&軍用車を400輌以上紹介する『ザ・タンクブック 世界の戦車カタログ』が刊行 (2019-09-11 11:09)
 元陸上自衛隊1佐が描く『漫画クラウゼヴィッツと戦争論』 (2019-06-28 12:59)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop