NEWS

ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用

海外軍事 Comments(0)

Photo from SIG Sauer
シグ・サワー(SIG Sauer)社は8日、同社の『P320 X』シリーズがノルウェー警察内の一部機関で「標準サービスピストル」として採用されたことを明かした。
選考トライアルでは、第三者機関による技術評価を含め、射撃精度やスピード、パフォーマンス、人間工学的側面など多方面に渡る項目が数週間に渡っておこなわれている。シグ社の発表によれば、「全ての分野において、当社のP320-Xシリーズが他社製品より優れており、まさに最適な選択だった」と記している。

全米ライフル協会(NRA)によると、ノルウェー警察は警察官×8,000名と、それと同数の国境警備、対テロ部隊、高速道路パトロール隊、犯罪調査官など計16,000名で構成されている。

関連記事:
デンマーク国防軍の新制式ピストルに『SIG P320 X-Carry』が選定

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop