『楽できたのは昨日まで』米海軍特殊部隊「SEAL」公式ポッドキャストが近日配信開始

海外軍事 映画・テレビ Comments(0)

A screenshot from sealswcc.com
米海軍特殊部隊「シールズ(U.S. Navy SEALs)」公式の「ポッドキャスト」配信サービス、『The Only Easy Day Was Yesterday(楽できたのは昨日まで)』が近く始まることが分かった。「海軍特殊戦・シール&スウィック偵察チーム(Naval Special Warfare and the Navy SEAL & SWCC Scout Team)」の公式Twitterアカウントが1月30日付の投稿で発表している。
同Twitterアカウントは、海軍特殊戦に従事する精鋭隊員になるための訓練や選抜課程、基準、およびその求められる要件などを豊富な視覚コンテンツと共に解説する「sealswcc.com」をホームとしている。

ポッドキャストはシール&スウィック(SWCC: Special Warfare Combatant-Craft Crewman)の本拠地、カリフォルニア州コロナドの海軍水陸両用戦基地内に置かれている「海軍特殊戦センター(NSWC: Naval Special Warfare Center)」で収録され、本物のシール隊員、スウィック隊員および専門のスタッフが出演する。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop