『楽できたのは昨日まで』米海軍特殊部隊「SEAL」公式ポッドキャストが近日配信開始

海外軍事 映画・テレビ Comments(0)

A screenshot from sealswcc.com
米海軍特殊部隊「シールズ(U.S. Navy SEALs)」公式の「ポッドキャスト」配信サービス、『The Only Easy Day Was Yesterday(楽できたのは昨日まで)』が近く始まることが分かった。「海軍特殊戦・シール&スウィック偵察チーム(Naval Special Warfare and the Navy SEAL & SWCC Scout Team)」の公式Twitterアカウントが1月30日付の投稿で発表している。
同Twitterアカウントは、海軍特殊戦に従事する精鋭隊員になるための訓練や選抜課程、基準、およびその求められる要件などを豊富な視覚コンテンツと共に解説する「sealswcc.com」をホームとしている。

ポッドキャストはシール&スウィック(SWCC: Special Warfare Combatant-Craft Crewman)の本拠地、カリフォルニア州コロナドの海軍水陸両用戦基地内に置かれている「海軍特殊戦センター(NSWC: Naval Special Warfare Center)」で収録され、本物のシール隊員、スウィック隊員および専門のスタッフが出演する。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop