オプスコアの新型ヘッドセット Ops-Core RAC が公式サイトの直販リストに追加

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo: Ops-Core RAC via official SellSheets
オプスコア社 (Ops-Core Inc.,) のウェブサイトに新たに、Ops-Core RAC (Rail Attached Communications) が、直販対応品としてそのリストに加わったことが分かった。米国の戦術装備ニュースサイトであるソルジャー・システムズ・デイリーが伝えている。

オプスコア社は、戦闘用ヘルメットの開発で知られるジェンテックス社 (Gentex Corporation) の 100% 子会社。

Photo by Military Blog
2013 年の米国ショットショーで展示され、同年にロンドンでおこなわれたソルジャー・テクノロジー・アワードの最優秀通信製品に選出されたことでも話題となった Ops-Core RAC は、従来のヘルメット取り付け型の耳あてタイプとは違い、ヘルメット両サイドのレイル後端部からアームが伸び、取り付けを可能としている。


Photo: Ops-Core RAC
その為、足元を照らすガイド用の小型ライトや、戦闘時の行動を記録する小型ウェアラブルカメラなどの取り付けスペースを確保できる設計上の利点を持つ。また、非装着時には、後頭部にまとめてコンパクトに折り畳むことができるようにもなっている。

先進の 3D ヒアリング・テクノロジー (3DHT: 3D Hearing Technology) によって、着用者の聴覚防護と周辺状況の認識能力の向上に貢献。シングルポイントのジンバル・アタッチメントが、着用者の好みに応じた快適な装着感を提供し、高品質のイヤークッションの採用が適度な密閉感も保っている。


Photo: Ops-Core RAC
重量は約 500 グラムと軽量設計となり、単四電池 (AAA バッテリー) を電源として 100 時間駆動する。また、電源を温存させるために、始動後 2 時間でアラートを伴って自動的にシャットダウンする。

カラーは、タン、ブラック、グリーン、グレーの 4 色展開。価格は 1,331 ドル (=約 15 万 1,000 円)。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop